傘がくさい!ニオイ取りの対策をご紹介♪

   

483645

『ん?なんか傘がくっさ!!』

『どうすればこのニオイ取れるの・・?』

傘のくさいニオイを取る方法を試してみましょう!
傘のニオイを取るための方法をまとめました。
(家にあるもので簡単にできますよ~)

傘が臭いんですけど・・

そう、あれは雨が続いていたある日。
私は何気なく傘のニオイを嗅いでみました。

くっさ!!!なにこれ!!!
今まで一度もかいでみたことのない傘のニオイは紛れも無く悪臭そのものでした・・・
くさった雑巾みたいなにおいに鼻が曲がりそうでした。

どうして傘が臭くなるかというと・・

傘は雨にあたって濡れます。
そして、そのまま放置すると・・
カビや雑菌が繁殖してしまいます。

たしかに言われてみれば、カビや雑菌が好みそうな場所ですよね。
傘を開かないようにぎゅっと止めておく帯?ベルト?を閉めたままにしているとますますくさくなります。

傘がクサイ時、まずすることは?

まずは、直射日光に当ててみましょう!
よく、日陰で干すと言われますが、私は時間を決めて直射日光で干してしまいます。

日光でビニールが変色してしまったり劣化するから日陰で・・ということなのでしょう。
でも、直射日光に当てないと殺菌できません・・

直射日光に一日中当てていれば、きっとビニールがいたんじゃうけど、1時間当てれば十分だと思いますよ。
どうしても、傘が変色したり褪色したりするのが嫌な時には、陰干ししましょう。

日に当てて乾燥させてもくさい・・・?

直射日光に当てただけでにおいが取れることも多いです。
でも、ずっと濡れたままにしておいたものには菌が繁殖しています。

この雑巾臭の原因がモラクセラ菌の。
名前はかわいいのに・・においは可愛くない・・
(リロアンドスティッチのステンチーみたいw)

モラクセラ菌は、実は日光消毒では殺菌できません
どうしよう・・

実はモラクセラ菌にも弱点があるのです!

傘の臭い取りには〇〇〇〇!

傘のにおいを取るためにはモラクセラ菌を退治しないといけません。

このモラクセラ菌、熱湯で死滅します

傘を50度から60度の熱湯に10分から20分浸すといいですよ。
バスタブがベンリです!

熱いお湯には、十分注意してくださいね。
傘をその後、しっかりと乾かさないことにはもとの木阿弥ですので、晴れた日にやりましょう!

お湯につけた後、しばらくしたら触れるくらいの温度になったら取り出して開いて干しましょう。

しっかり乾いたら・・どうですか??

それでもまだなんか臭い時は・・

スポンサードリンク

傘の臭い対策は〇〇がいいよ

よく傘のにおい対策には、重曹がいいって聞きませんか?
私実際に重曹を使ってやってみたんですが、まったくにおいが取れませんでした・・

よく考えてみたら、洗濯物の生乾き臭の原因にもなっているモラクセラ菌、アルカリ性の洗濯洗剤ではびくともしません。
においますよね。

ということは、酸性のものを使って菌の増殖を抑えればいいんじゃないの?

そう、傘のにおい対策になるのは、重曹ではなくクエン酸です。
クエン酸水でスプレーして乾かすという方法です。

クエン酸水の作り方

・・水200ml
・・クエン酸 大さじ2分の1

スプレーボトルに入れてよく振ります。

これを広げた傘にシューシューシューシュー吹きかけましょう。
あとは、乾かすだけ。

もし、それでもにおいがとれない場合は、クエン酸水に浸け置き洗いすると確実です。
濃度の高いクエン酸水は、金属を錆びさせてしまうことがありますので、注意しましょう。

濃度は先ほどのスプレー程度にして、金属部分についたものは、水拭きすると確実にサビを防げます。

クエン酸スプレーは、傘を使った後にシュッシュしておけば、消臭できるし、ニオイを予防してくれるのでベンリです。

傘がくさい時に、ニオイを取る方法まとめ

傘のニオイを取りたい時には、日光消毒、熱湯、クエン酸水の順番にためしてみてください。

さあ、ニオイの取れたすこやかな傘でルンルンしましょう!

スポンサードリンク

 - 生活 ,