敬老の日のメッセージ 聖書の言葉を贈ろう!英語や英文でもご紹介

      2016/09/12

418410

敬老の日ですね。
おじいちゃんおばあちゃんに、心をこめてカードやお手紙を渡したいですよね。

聖書には、敬老の日におじいちゃんおばあちゃんに贈るのにぴったりな言葉がたくさんあります。
神さまがおじいちゃんおばあちゃんに伝えたい愛の言葉、カードに添えて贈りましょう。

英文も添えてご紹介します!

この言葉は英語でこういうんだよ~!って言うのもお話してくださいね。

【 敬老の日・こちらもおすすめ♪ 】

赤ちゃんとキュートな手作りプレゼント♪

赤ちゃんからのプレゼント、○○も喜ばれます!

おばあちゃんへ!かわいい手作りプレゼントはこれ☆

寝たきりのおじいちゃんおばあちゃんにおすすめは?

敬老の日には簡単に作れる折り紙を贈りましょ♪

花言葉が「健康」や「長生き」の花や植物を贈ろう!

スポンサードリンク

敬老の日のメッセージに聖書の言葉を贈ろう!

あなたがたが年をとっても、
わたしは同じようにする。
あなたがたがしらがになっても、
わたしは背負う。
わたしはそうしてきたのだ。
なお、わたしは運ぼう。
わたしは背負って、救い出そう。

イザヤ書 46章 4節

私たちから見たおじいちゃんおばあちゃん。
いつも、お世話になっていたり、感謝のきもちを持っている人も多いのではないでしょうか?

聖書は神さまの言葉です。
この言葉の中の、『わたし』というのは、神さまなんですね。

神さまは、おじいちゃんおばあちゃんが年をとっても、今までとずーっと変わらず愛しています。
そして、おんぶして運んでくれます。
大変なことがあっても、助けだしてくれるんです。
決して見捨てない、神さまの愛があります。

この聖書の言葉、本当にステキですね。

英語では、どうやって書くのか見てみましょう。

Even to your old age I am he, and to gray hairs I will carry you.
I have made, and I will bear; I will carry and will save.
Isaiah 42:4

敬老の日のメッセージ 英語で書くならこれもおすすめ!

おじいちゃんおばあちゃんって、すごくものしりですよね。
いろんな事を経験してきているからわかること、出来ることがいっぱいあります。

・仕事や趣味のこと
・料理や家事のこと
・お友達付き合いや先生のこと

など、なにかわからないことがあったら相談をしてみてください。

自分では思いつかなかったようなアドバイスをくれたりしますよ。

彼らは年老いてもなお、実を実らせ、
みずみずしく、おい茂っていましょう。

詩篇93章14節

英語ではどうやって書く?

They will still bear fruit in old age,they will stay fresh and green.
Psalm 92:14

年令を重ねても、みずみずしく実を実らせて、枯れるのではなくおいしげっているのです!

スポンサードリンク

敬老の日のメッセージ英文でこう書こう!

しらがは光栄の冠、
それは正義の道に見いだされる。
箴言 16章 31節
Gray hair is a crown of splender; it is atteined the way of righteousness.
Proverbs 16:31

しらがは、神さまからみたら、栄光の冠(かんむり)なんですね!

この聖書の言葉、私は大好きです。
しらがが増えたことを悩んでいるおじいちゃんおばあちゃんがいたら、是非この言葉を贈ってあげたいですね。
しらがって恥ずかしがったり、隠したりしてしまいがちですが、かみさまはそうは思っていないのです。

では、最後にこの聖書の言葉を紹介しますね。

おじいちゃんおばあちゃんにとって孫はどのような存在でしょう?

孫たちは、老人の冠、
子らの栄光は彼らの父である。
箴言 17章 6節
Grandchildren are the pride and joy of old age, and children take great pride in their parents.
proverbs 17:6

孫たちは、もちろん、おじいちゃんおばあちゃんの喜びで、自慢ですよね。
おじいちゃんおばあちゃんの「かんむり」だと聖書は言っています。

子ども達にとっては親がじまん。

ということで、親子、祖父母の代までお互いが大好きで、じまんという感じです。

お互いにこうやって思えるのってステキですよね。

敬老の日に贈りたい聖書の言葉まとめ

大好きなおじいちゃんおばあちゃんに、ステキな聖書の言葉をおくりましょう。
日本語に英語を添えてもいいし、英語だけ書いておいて、直接説明をしてもいいですね。

きっとよい思い出になりますよ。
この機会に、聖書をよんでみるといいですよ。

スポンサードリンク

 - 敬老の日 ,