妊婦は蚊取り線香の煙の影響はある?妊娠中の蚊対策はこれ!

      2016/08/31

515956

妊婦は蚊取り線香の煙の影響はある?妊娠中の蚊対策はこれ!

そーいえば、蚊取り線香って妊婦に悪影響ないの??

妊娠おめでとうございます!

夏といえば、蚊。
蚊の対策として、蚊取り線香を使っている人も多いですよね。

私が個人的にあの蚊取り線香のニオイが夏らしくて大好きなんですが、妊娠中は気になりました。
蚊に刺されるのは嫌だけど、蚊取り線香って妊娠中赤ちゃんに影響ないのかな?

気になりませんか?

スポンサードリンク

妊婦に蚊取り線香の煙はNGなの?

蚊取り線香といえば、あの独特の香り。
妊娠中に使用しても大丈夫なのでしょうか?

赤ちゃんに影響はないのでしょうか?

蚊取り線香の成分は、赤ちゃんや妊婦さんに害がないと言われています。
その根拠は、人間の体は、殺虫成分を分解する酵素を持っているからなんです。

虫やトカゲなどはこの成分を分解する酵素もっていません。
虫には即効性がありますから、蚊には効果テキメンですよね。

蚊取り線香に含まれているピレスロイドの含有量というのは、ちっちゃな蚊に効果がある程度のものですので、人の体に大きな影響を与えるものではないのです。

妊婦に蚊取り線香の影響はあるの?

昔から広く使われているこの蚊取り線香。
妊婦に蚊取り線香の影響はないと言われています。

普通の使用方法で使用している分には、お腹の赤ちゃんにもだいじょうぶです。

保育園でもよく使われていますよね。

でも、閉めきった部屋で使い続けるとなると、煙たくなって喉や目が痛くなりますから、
窓を開けて使うなど工夫が必要です。

どうしてもピレスロイドが心配、天然のものを使いたいという時には、昔ながらの除虫菊を使った蚊取り線香もあります。
こちらも天然の成分とはいえ、ピレトリンというピレスロイドに良く似た成分です。

他には、ハーブを使った蚊よけなどもあります。
私もいろいろ試してみましたが蚊取り線香に比べて、ニオイがきつかったり、効果がいまいちだと感じましたので、
小さな子供もいますが今では蚊取り線香を使っています。

妊娠中の蚊の対策は?

妊娠中で安全に蚊避けをしたい時、蚊取り線香以外にもほかの成分なども使いたくない時におすすめなのが、蚊帳(かや)です。

そう、この昔ながらの蚊帳。

これを使うと、蚊が入ってこれませんので安心して眠ることができます。

スポンサードリンク

ただ、日中ずっと蚊帳の中で過ごすわけにもいきませんから、窓を開けて換気に十分気をつけながら蚊取り線香を使うのが一番かと思います。

妊婦の蚊取り線香の影響まとめ

蚊取り線香には蚊にはよく効く成分が含まれていますが、人体には害がないということで昔からよく使われてきています。
ただ、妊娠中は特にニオイなどに敏感になりますので、煙がこもらないように窓を開けて使用するなど工夫をして使用するのをおすすめします。

スポンサードリンク

 - 赤ちゃん ,