結婚式での両親の挨拶回りのタイミングは?順番や言葉かけなどを確認しよう

   

Print

結婚式は大切な人たちに囲まれて若い二人が新しい家族になる日です。
やることや決めることがいっぱいで大変だと思いますが来てくれたゲストの方たちに
『素敵な結婚式だったね、お幸せに!』と心から思われたいですよね?

新郎新婦の大切な日に、新郎新婦のご両親ができる陰の心遣いや役割があります。
式全体を温かく見守りフォローすることも重要ですが、当日忙しい主役の新郎新婦に代わりゲスト一人一人と挨拶をかわすことはとても大切な役割です。

ですが、結婚式に新郎または新婦の両親として参列することはそう何度もあることではないです。
なにか粗相をしてしまったらどうしようと多少の不安もあるかもしれません。

結婚式当日に困らないよう披露宴での新郎新婦のご両親の挨拶回りについてまとめてみました。

スポンサードリンク

結婚式での両親の挨拶回りのタイミングは?

当日、新郎新婦は主役ですから自分たちのことで精一杯です。
とくに式が始まるまでは身支度などの準備でゲストの方たちに挨拶をするのは難しいです。

そこで新郎新婦のかわりに一番はじめに親族の方や受付を担当してくれるご友人などにも一言お礼を述べておくといいです。

そして挙式も終わりいざ披露宴が始まったらゲストのテーブルへ挨拶回りに行くのですが、乾杯が終わると新郎新婦と歓談をしに行く人や写真を撮りに行く人もいるので目安としてはゲストの方が前菜、オードブルを食べ終わるくらいからがいいと思います。

進行が変更になる場合もあるので心配な方は事前に会場担当者さんに挨拶回りのタイミングをお声掛けいただけるようにお願いしておくといいかもしれないです。

大抵は挨拶がてらお酌をしてまわることが多いですがお酒が飲めない方もいらっしゃるのでお茶ももってまわられるといいと思います。

お酌をする時にこぼさないかなど心配があると思いますがそんな心配いりません。
必ずしもお酌をしなくてはいけないということはないのです。

大切なのは参列してくださったゲストの方たち一人一人に心をこめてお礼を述べ、『今後も支えてあげてください。どうぞよろしくお願いします。』というご両親の気持ちを素直にお伝えすることです。

結婚式で両親の挨拶回りの順番ってあるの?

1 自分の来賓、ご友人のテーブル
2 相手の来賓、ご友人のテーブル
3 相手の親族
4 自分の親族

の順番で回ると良いと思いますが新郎側、新婦側のどちらかだけが回ると変なので、事前に新郎新婦や相手の両親と話しておくといいと思います。

挨拶回りの途中でスピーチなどのイベントが始まった場合は一旦席を外し、
歓談が始まったら続きを回ってください。

時間がなくすべてのテーブルに回りきれない場合があるのであらかじめ来賓の方やお世話になった方、受付をしてくれる(お礼を渡す)方や遠方からいらした(お車代を渡す)方などは把握しておいたほうがいいですよ。


スポンサードリンク

結婚式で親の挨拶回りの時は言葉に気をつけよう

私が友人の結婚式に参列した際、結婚の有無の話題をふられ気まずい空気が流れたことがありました。

せっかく楽しんでもらえていたのに挨拶回りで気分を害してしまわないためにも関係性や情報を話しておくといいと思います。

初対面の御両親が挨拶に来てくれた時にエピソードを交えて「あの時はお世話になったみたいで、今日も来てくれてありがとう。これからも仲良くしてね。」と言われたことがあります。あたりさわりのない会話をするよりも何か一つでも自分に関係するお話が出来るほうが印象深く、良かったと思える結婚式として記憶に残るのかもしれないですね。

結婚式の両親のあいさつ回りについてのまとめ

若い二人にとって結婚式は一つのけじめであり新しい家族を作っていく日です。

悔いの残らない素敵な結婚式にするためにも事前によく話し情報を共有しておきましょう。
当日、忙しい主役の新郎新婦の代わりに新郎新婦をこの日まで育ててきたご両親が大切なゲスト一人一人と挨拶を交わすことはとても大切なことだと思います。

スポンサードリンク

 - 結婚式