赤ちゃんの便秘で一週間以上おならばかりの対策は?何日まで大丈夫?

   

540336

妊娠が分かってから毎日 嬉しかったり心配になったり色々あったと思います。
でも辛く長い陣痛を耐えて我が子を初めて見た時のこと、私は今でも鮮明に覚えています。

妊娠中もいろいろありましたが生まれてきてからも分からないことだらけ…。

一体何で泣いているのだろう…このブツブツは何?
これってなにか異常なのかな?
熱が出た!
病院に行った方が良いのかな?
・・と不安になったり、我が子の寝顔に心癒され見惚れてみたり、静かに寝ていると「あれ?あまりに静かだけど呼吸している??」と本当に毎日、なにかしら心配していたような気がします。

泣く事でしか訴えられない赤ちゃんだからこそ、言葉で教えてくれないからこそ向き合っていると不安になってしまうと思います。
もちろん大きくなってきてからも色々と悩みは尽きませんけどね…。

私も心配したことがありますが、毎日でるのが普通という認識と身近な異変ですぐ分かる便秘はまだ子供の月齢が小さかった頃、ママ友との会話に頻繁に出ていました。

でもその便秘、全然心配いらないかもしれないです!!

今回は赤ちゃんの心配事でよくあること、便秘について書いていきたいと思います!

スポンサードリンク

赤ちゃんの便秘が一週間以上続いている・・

毎日、オムツを替えながら

「あれ?今日はまだ出てないな…」
「昨日も出てない!今日は出てくれるかな…」
「ちょっと待って…もう4日も出てない!」

・・なんてことありませんか?

1日や2日でさえ心配になる方もいるかもしれませんが、4日…5日…さらには1週間も出てない!
そんな事態になったら不安になりますよね。

でも大丈夫です。

生まれてすぐの頃は自力でうんちを出さずに「胃結腸反射」と呼ばれる胃にミルクや母乳が入ると排便運動する仕組みが備わっていたため飲むたびにうんちが出ていました。
この反射は生後1か月前後からだんだんと弱まってきて、赤ちゃんは自力で排便するようになってきます。

うんちの回数が減ってきて心配になってしまうことがよくありますが、これは正常な発育過程の一つなので心配することはありません。
排便のコツをつかむまで3日に1度しか排便しなかったという赤ちゃんも多いのです。

母乳というのは機能が未熟の赤ちゃんでも吸収しやすいようにできていて、うんちの元となる残りかすがほとんどありません。
何日も出ていなくても赤ちゃんの機嫌がよくてうんちが柔らかいなら全然問題ありません。

赤ちゃんが元気で機嫌がよければ良いのですが

「お腹が張って苦しそう」
「うなりながらいきむ」
「吐く」
「おっぱいをあまり飲まなくなった」
「苦しそうでずっと不機嫌」
「排便の時に肛門が切れる」

・・こういった便秘の場合は少し心配です。

1週間、うんちがでなかった場合や上記のような症状がある場合は病院に連れて行きましょう。

赤ちゃんの便秘がおならばかりの時は・・?

まだ動くことができない新生児の場合、どうしても運動不足になってしまいます。
そのためオナラはでるのにうんちが出ないということもよくあることです。

便秘でお腹に溜まった老廃物を外に出せない時間が長ければ長いほど、おならの臭いの原因である腸内異常発酵が進んで腸内ガスがたまってしまいます。
その体のメカニズムは大人も新生児も同じで、新生児のおならが臭うということは便秘である可能性が高いと言えます。

赤ちゃんの便秘を解消してあげることでオナラも治まりますよ。

赤ちゃんに便秘をさせないために月齢が低い子の場合難しいかもしれませんが、

母乳やミルク、離乳食はなるべく定期的にする。
夜の寝る時間を決めて自律神経の働きを整える。
食事はバランスの良く食べさす。
繊維が多いものや乳酸菌など便秘にいい食材を取り入れる。

・・などできることを普段から心がけることも大切です。

気を付けていてもなってしまいます。

そんな時にご自宅でできる簡単な便秘の解消法があるのでやってみてください。

まずはマッサージ。
おへそを中心に時計回りに手のひらを全体で「の」の字を書くようにお腹が少しへこむくらい力をいれてマッサージをしましょう。

自分で自由に体を動かせない赤ちゃんには両足をつかみ、自転車をこぐように交互にゆっくりと前後させたり股関節を回したりさせるのも効果的です。
股関節は脱臼しやすいので気を付けてくださいね。

上半身を起こせて嫌がらない赤ちゃんには腹ばいにさせるのもお腹への刺激になります。
触れ合うことで赤ちゃんのお腹にとっても心にとっても、もちろんあなたにとっても良いことなのでうんちが出ないときだけでなく普段からたくさん触れあってください!

水分・糖水を飲ませるのも効果的です。
大人と同じで赤ちゃんも水分が不足すると便秘になりやすいです。

まずは白湯を飲ませて様子をみましょう。

白湯を飲ませても出ない場合は、白湯に5%~10%の砂糖を入れて飲ませましょう。
糖水を飲ませると、浸透圧の作用で腸内の粘液が分泌されてうんちがスムーズにでるようになるそうです。
甘いものなので50mlを目安にしてください。

月齢が2,3か月を過ぎていれば果実を絞って与えても同じ作用があります。

マッサージ、糖水でも出なかった場合は浣腸をします。

綿棒にベビーオイルやワセリンを塗り、1㎝ほど肛門にいれて10秒ほどゆっくり回したり出し入れしたりして刺激してあげましょう。

これで大抵の便秘は解消され、おならも少なくなるとおもいます。


スポンサードリンク

赤ちゃんの便秘って何日まで大丈夫なの?

色々と書いてきましたが、便秘とは便が何日出ていないかではなく、出たうんちが固いかどうかだそうです。

完全母乳で育てている方だと母乳の栄養を全部自分のものとして吸収してあまりうんちをしない子もいるそうです。

たとえ10日間出なかったとしても便秘と言わないなんて驚きました!
あまりウンチが出ないお子さんは、効率的で吸収率がとても良いのかもしれないですね。

先ほどのおならのことで触れた便秘解消法でも解消されなかった場合は病院に連れて行き、必要に応じて浣腸してもらいましょう。

病院に行った場合どういう処置をするのか不安に思うお母さんもいらっしゃるかもしれません。
病院での処置は必要に応じて浣腸をした後、ウンチが出るまで待ちます。
出たうんちをみてもらい固くなければ「すっきりしたね。よかったね。」でおしまいです。

固かった場合は便秘と判断され、マルツエキスや習慣性のない便を柔らかくする薬を出す場合があります。
マルツエキスは市販薬も売られていますが習慣性の不安もありますので、なるべく使わない方がいいかもしれません。

月齢が低い子は腹筋が弱いのでうんちが出ないことはよくあることみたいです。
そのうちちゃんと出せるようになるので心配はいりません。

便が腸に長くたまっていると水分が吸収されて固い便になります。
2~3日に1回だとしても食欲があり、機嫌がよければ便秘ではなくその子のペースだと思ってあまり考え過ぎなくても大丈夫そうですね。

赤ちゃんの便秘についてのまとめ

便秘についていろいろと書いてきましたが少しは安心してもらえたでしょうか?

子育て中って本当に心配し出したらあれもこれもとキリがないですよね。
今はインターネットで調べると大抵の事が解決してしまいますが、症状は十人十色。

不安に思ったら保健師さんや小児科の先生などに聞くのも良いと思います!

病院に連れて行って風邪をもらってきた…。
なんてこともよく聞くので連れて行くのが嫌だなって思う人は電話で聞いても良いと思います!

稀ですが、腸の形や機能に異常があって便秘になる赤ちゃんもいます。
1週間以上の便秘が何度も続くときは、一度病院を受診してください。

教科書通りにいかない子育てだからこそ全て1人でというのは難しいです。
一人で悩まず周りの人や専門家を頼ってくださいね。

心配になってこのページを見ているお母さん、あなたの愛情はお子様にきっと伝わっていますよ。

お互いに子育てを楽しみながら頑張りましょうね。

スポンサードリンク

 - 赤ちゃん ,