ゴルフのアドレスで腰を入れるって?腰痛が左腰や右腰にある人へ

      2017/08/28

411644

ゴルフって、立ち方、構え方がなによりカンジンだと言われますよね。
ですが、実際に腰を入れてスイングしてみると結構腰に来る!

これがきついです。
腰が痛いと、ゴルフを楽しむこともできません・・・

飛距離を伸ばす、飛距離を伸ばす。
そのために必要な「腰を入れる」ってそもそもどういう状態なんでしょう?

また、腰が痛くならないための姿勢について、詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

ゴルフのアドレスで腰を入れるってどういうこと?

ゴルフの上達のコツとしては、よく姿勢が大切と言われます。
手打ちになっていないか、しっかりと腰を入れているか?股関節をいれているか?
といわれましても、なかなか言葉の意味がつかめなかったりしますよね。

まず、腰を入れるとは、どんな状態のことをいうのでしょうか?

腰に体重をグ~っとかけることと思いがちですが、実はこれは違います。

骨の構造を知る必要があります。

背骨はどこからどこまで?

背中の骨を中心に回転させるイメージをつかむことがたいせつです。

背中の骨のはじまりは、上あごを含む頭蓋骨とぶつかる場所からです。
私も最初はそう思っていなかったんですが、

下顎のした、首のちょい上と思っていました。
ぼんのくぼのあたりに指をそえて、頭を上下に動かしてみるとわかります。

ぼんのくぼとは、頭の後ろのうなじのすぐ近くの凹んでいるところ。

頭を前後に動かした時に、支点となっている部分が実は背骨の始まりです。

今まではもっと下から始まっているイメージではなかったでしょうか?
思っていたよりずっと上ですよね。

この位置を正確に頭にい入れることで変な所に無理な力がかかることがなくなります。

次に、背骨の終わりの位置を確かめましょう。
背骨の終わりはどこだと思いませんか?
つい、腰までとおもいがちですが、実はこれも間違いです。

背骨は、骨盤の中まで続いています。
腰よりもずっと下ですね。

よく尻尾の骨と言われる仙骨の場所はわかりますか?
腰の下の部分で、触れると少しポコッと出ています。

ここが、背骨の終わりの位置です。

つまり、ぼんのくぼから、仙骨までが背骨です。
この始まりの位置と終わりの位置を知ることがとても大切ですので、しっかりと頭に入れておきましょう。

思っていたよりもずっと上から、ずっと下まで続いていますね。

腰を入れる、というのは、実際は、腰の位置から体をひねるのではなく、骨盤も一緒にひねるということです。
骨盤の中にまで背骨が続いているからです。

腰の部分を、股関節を含め回転させましょう。

ゴルフの腰痛 左腰の痛みの原因は?

ゴルフをしていて、左腰が痛くなる理由は何でしょうか?

スポンサードリンク

骨盤の回転にともなって左腰がいたくなるケースが多いです。
右利きの人に多い痛みですね。

ゴルフでは、両方の腰が痛くなるということはあまりなく、どちらか片方の腰が痛くなることが多いです。

飛距離を出すために、テールバックをするうちに、知らず知らずのうちに腰を痛めてしまうことがよくあります。
腰がスイングのたびに左に知らず知らず農地に流れてしまい、腰に負担がかかることもあります。

自分の体の状態や、どこをどう動かせばいいのか、しっかりとイメージしてその通りに練習することが欠かせません。 

私の友達は、ゴルフの練習場にビデオカメラを持ち込んで、一回ごとに自分のスイングのフォーム、ドライブ、などをじっくりと見て研究していました。
彼は、上達も早かったですね。

大切なのは、はじめから、ゴルフをする上で負担にならない体作りをすることです。
このメソッドは、シロウトが我流で出来るようなものではありませんので、一度しっかりと勉強するといいでしょう。

一度コツを落とし込めたら、飛距離もスコアも激変するはずです。
なにより、腰の強い痛みが出てしまうと、ゴルフをすること自体が難しくなりますから、残念ですよね。
痛みを気にせず、ゴルフを楽しみたいものですね。

ゴルフの腰痛 右腰の痛みの原因は?

ゴルフの腰痛が右腰に出る場合もあります。
左利きの人に多い現象です。

先ほどお話したように、背骨の始めと終わりを意識することなく、スイングを繰り返していると、変な所から回転してしまいます。
これが、腰痛の原因になります。

右腰に負担がかかっていると言うことは、スイング中に体の軸がぶれていることが多いです。

まず、一度自分のフォームを見直す意味でも、動画撮影をしてコマ送りで見てみると良いでしょう。

それから、体を倒さず、まっすぐ前を向いた状態で体を回転させてみましょう。
骨盤が回転していますか?
股関節も入っている必要があります。

膝が回転するのはNGです。
体の実がぶれないように、ていねいに基礎的な体の使い方から練習していきましょうね。

ゴルフの腰の入れ方、腰の痛みについてのまとめ

ゴルフの時の体の使い方は、非常に特殊ですので、無理をすると、痛みが出たり、腰を傷めてしまうことがあります。
基礎的な体の運びや使い方を知っていると、スイングを思いっきりしてもいためることはありません。

もう一度、背骨の位置や体の運び方を確認してみてくださいね。

ごちゃごちゃ説明されてもわからないよ・・という人や、ゴルフを基礎からしっかり学びたい人は教材を使って学ぶのがおすすめです。
優良な教材は、しっかりと基礎からわかりやすく解説されていて、一度学べば一生使えるので、コスパ最高ですよ!

スポンサードリンク

 - 健康 ,