子どもの足がくさい!石鹸など効くもの教えて~!

   

542306

うちの子どもの足がくさいのなんのって、びっくりしたことがあるんです・・
お友達に指摘されたりして、子どもながらにとっても傷ついていたみたいでした。

子どもの足のにおいを消すために、私もいろんなことを試してみました。

(お酢にひたすとか、重曹で洗うとか、制汗剤とかね・・)
でも、肌のデリケートな子どもですからなかなかこれ!という解決策に出会うことができず。

今回は、ためしてみて確かにこれはよかった!というものをご紹介します!

子どもの足がくさい時に出来る対策、よかったもの。

子どもの足ってくさくなりやすいです。
運動をしたり、遊んだりして、よく汗だくになっていますよね。
この汗が雑菌のエサとなり、クサイにおいを発生させます。

靴をはくときには、必ず靴下をはかせる

コレ大事ですね~!
汗を吸い取る物があると、汗で蒸れる感じもなくなるし、においも発生も抑えられます。

そして、足をよーく洗いましょう。
この時に気をつけたいのは、指の間までしっかりとていねいに洗うことです。
子どもに洗わせていると、ついつい指の間など細かい所が疎かになってしまいますよね。

親がしっかり見ていて、洗い方も雑になっていないか確認してあげましょうね。

足を洗う時には、殺菌作用のある薬用石鹸を使うのがおすすめです。
ふつうのボディソープではなく、足だけは特別にコレで洗ってあげましょうね。

肌が弱く、薬用石鹸が使えない人は、無添加石鹸でもいいですよ。
とにかく石鹸に含まれている香料のにおいと足のにおいが混ざって、イヤ~なにおいになることがあるので、
無香料の石鹸の方がいいです。

足を洗った後は、キレイなタオルで拭いてあげて、しっかりと乾かしましょう。

扇風機の風やドライヤーの風を当てるのもいいですね。
雑菌は、湿っている所に繁殖しますからね。

あ、忘れてはいけないのは、足の爪切り
足の指のツメが伸びていると、ツメの間に汚れが溜まりやすくなったり、雑菌が繁殖しやすくなったりしますからね。

スポンサードリンク

爪切りと、ツメの中を洗うブラシは必須ですよ~。
ブラシの毛にコシのある、しっかり目のブラシを選んでください。

これも、個人差があるとは思いますけど、うちの子どもは、ブラシでツメの間を洗ってあげると、
あの、独特の感触がくすぐったかったり痛かったりして、なかなか慣れてくれませんでした。

でも、何個か試しているうちに、気に入ったものが見つかりました。
100円均一にも、売ってありますので、いくつか試してみるといいですね。

足のツメを切り、キレイに石鹸を使って洗い、しっかりと乾かす習慣を身に着けましょう。

子どもの足にスプレーでにおい解消!

洗った後は、足のにおいを解消するためのスプレーを使いましょう。

お風呂上がりや、学校・幼稚園から帰ってきた後などに、洗ってあげて、スプレーをすることで、においがずいぶん改善されます。

ただ、私の子どもは肌がとても弱く、あまり成分の強いものを使いたくありませんでした。
薬局などでいくつか購入して使ってみましたが、かゆみが出たり、ブツブツができたり、といいものに巡り合うことができませんでした。

足のにおい対策の製品に必ずといっていいほど使われているミョウバンなどの金属成分が、肌への刺激になってしまっていたようです。

成分のやさしいものをずっと探していましたが、やっとみつけたものがこちらです。
自分の足にガッカリしない!便利なデオミスト

シュッとスプレーして、すぐに乾きますので、使い方は簡単ですが、子どもひとりでしっかりとかけるのはやっぱり大変なので、大人の人が手伝ってあげましょうね。

子どもの足のにおい対策まとめ

・つめを切る
・石鹸でツメの間もよく洗う
・におい解消スプレーをお風呂上がりに使う!

毎日のことですから、簡単で即効性のある方法をご紹介しました。
これで、お友達に、においのことで嫌なことを言われたりする心配もありませんね。

小さなかわいい足の臭いがすっきりと消え、笑顔で元気に遊べますように!

スポンサードリンク

 - 子ども ,