永平寺の紅葉の見頃と渋滞は?混雑をさけるためのポイント!

   

580419

風による天候の急変が去り、落ち着いたと思ったらもう秋深しですね。

都会の喧騒を離れてどこかゆっくりと紅葉を観賞しながら心を和ませたいものですね。

福井県と言えば迫力の東尋坊や美しい越前海岸を思い出しますが、山手の古式ゆかしき仏門の修行僧が集う永平寺はいかがでしょうか?

紅葉の見頃や渋滞は?その他、ルート等について紹介します。

スポンサードリンク

永平寺の紅葉の見頃はいつ頃?

紅葉の見頃は、10月下旬から11月上旬です。
11月上旬が最盛期と言って間違いないでしょう。

曹洞宗の大本山として知られる永平寺は、参道からの紅葉の景色には心が奪われます。
今から770年ほど前に道元禅師によって創建された道場です。

永平寺周辺情報はこちらです

古めかしくも荘厳な仏教建築が山林に囲まれながら、その近隣に鮮やかな紅葉が絢爛とする風景は、何とも言い難い風情があります。

特に境内の入り口付近や最奥の法堂周辺は紅葉のすばらしいスポットです。

永平寺の紅葉 渋滞する?

車で行くなら中部縦貫自動車道永平寺ICから国道364号を永平寺方面へ5分。
または北陸自動車道福井北ICから国道416号、364号を経由して約15分。
公共交通機関なら、えちぜん鉄道勝山永平寺線、永平寺口駅から京福バス永平寺門前行きで13分、徒歩で5分です。

知名度が高くもあり、趣の深い名所ですので観光客が絶えませんが、地元の方の情報でも駐車場に困るほど混雑は無いようです。

駐車場は第1・第2が参道近くにあり、第3駐車場は国道を渡り戻ったところにあります。

有料400円、拝観料は500円です。
参道手前の食堂や土産物店等の駐車場を利用することもできるので心配ありません。


スポンサードリンク

永平寺の紅葉 混雑を避けるためには?

休日は永平寺へ向けての観光バスによる集団客もありますので、ゆっくりと拝観したい場合は平常日を選べるといいですね。
公共機関利用でも、JR福井駅から京福バスの特急永平寺ライナーも出ています。
30分で到着しますので、あらかじめ切符を手配しておくと移動時間短縮になりますね。

車で遠方より永平寺まで来たなら、福井県の更なる紅葉スポットを見て回らない手はないですよ。
時間的にゆとりのある方なら是非お考え下さい。

永平寺を出ましたら、国道364号を南にとって美濃街道の国道158号に出ます。
東に向けて走ると大野市街に出ます。
そのまま走れば徐々に紅葉が深くなってきます。

九頭竜渓谷をドライブしながら大自然の紅葉を楽しめますよ。

九頭竜湖に到着したら夢の架け橋の優美な姿を、紅葉をバックに記念撮影し、そのまま県境を越えて国道156号で南下して岐阜の郡上八幡で宿泊といったルートはどうでしょうか。

永平寺から約100㎞の延長ドライブです。
楽しめます!

永平寺の紅葉についてのまとめ

10月下旬から11月上旬が見頃です。
高速道のICは出発地点によって利便性があります。

休日の混み具合はまずまず、駐車場に困ることはありません。
観光バスの到着便は多いです。
午前中に永平寺の境内の拝観を済ませて、午後は近隣の紅葉スポット等を巡ると充実するでしょう。

スポンサードリンク

 - スポット ,