赤ちゃんの紫外線対策グッズはコレ!散歩中や車でも使えるよ。

      2016/04/19

babysummer

今年も暖かな季節がやってきましたね。

ぽかぽかと暖かく、家にいる時間が長かった赤ちゃんも、お散歩やお買い物で少しづつ外に出る機会も増えて来る頃です。
赤ちゃんとお出かけする時に、気になるのが紫外線です。

まだ気温がそんなに高くない5月から、もう紫外線の量はすごく増えているようです。
やけどなどはもちろんですが長い目で見た害も多いので、しっかりと赤ちゃんのうちから紫外線を防いであげたいですね。

赤ちゃんの紫外線対策グッズっていろいろあるけど、どれがいいのかな?
って悩んでいませんか。

今回は、紫外線対策におすすめするグッズのご紹介をします。

スポンサードリンク

赤ちゃんの紫外線対策グッズはコレ

私の家でも、娘が赤ちゃんのころかなり紫外線対策には気を使いました。
日焼け止めを使うのは6ヶ月頃くらいからというし、でもすごく肌の弱い子だったのでどうにかして守ってやりたいと・・

日焼け止めを使った赤ちゃんの日焼け対策はこちら

長女の場合はいろんな情報もあるしどれも必要に思えていました。
どれがいいのかわからないので、どんどん買っちゃうので、グッズがすごく増えたんですよね。
でも、たくさん買ったとしても、実際に使える!と思ってヘビロテするのはそんなに多くなかったです。

かなりの金額をかけて、ようやくそのことに気が付きました・・(笑)

しかも、娘は帽子などは嫌がってかぶらないし、日傘は片手がふさがってしまうのがすごく不便であまり使わなくなりました。

だから次からは、本当に必要なものだけ買いたいなと思うようになりましたね。

次女は肌が弱く、色白だったので紫外線対策は絶対してあげたかった。
そこで、長女の時には購入していなかった超ベンリそうなケープを購入しました。

これが大正解でした!

赤ちゃんの散歩中も紫外線対策を

お散歩中にも、すごく使えるケープでした。

抱っこの時も、抱っこ紐にかちゃっと装着するだけでいいし、フードもついています。
赤ちゃんがすっぽりと入って、しっかり太陽の光からガードされていました。

ベビーカーに装着する事もできます。
この時はフードはかぶれないので、ベビーカーの日よけを下げてあげるといいです。

ちなみに、一番紫外線の量が多い時間帯は、午前10時から午前2時の間だそうなので、この時間帯はなるべく避けて外出しましょうね。

あ、このケープは授乳の時にも使えました。

ブランケット、日傘、帽子、授乳用ケープが一つで済むなんてコスパ良すぎです。
一人目の時に、自分に教えてあげたかったなぁ~・・


スポンサードリンク

車でも紫外線対策は赤ちゃんのために

あと、結構気になるのが車での移動中ですよね。
窓からの直射日光がすごい・・

窓には、吸盤付きのサンシェードを使っていました。
意外と反対の窓から差し込む光があたったりするので、反対の窓も忘れずにつけましょう。

いくらサンシェードをつけていても、あの、わかると思うんですけど、窓との微妙なスキマから、光がもれます。
あれがくせものですよね・・

そこで!さきほどのケープをチャイルドシートに装着して、使いましょう。
ブランケットの代わりにもなるんですよ。

うちの子だけかも知れないんですが、すっごく足をバタバタバタバタ~ってする子で、すぐにブランケットがはだけてしまってました。
そんな時には、薄手の長ズボンをはかせるのもいいのかもしれないけど、なにしろ暑いので・・(笑)
薄手でUVカットもできる春夏用のレッグウォーマーをはかせていました。

何枚かそろえておくと汗をかいたらさっと取り替えられるし、とても便利でよかったです。

赤ちゃんの紫外線対策グッズのまとめ

赤ちゃんの紫外線対策グッズのおすすめは、何通りにも使えるUVカットのケープと、春夏用レッグウォーマーです!
UVカットのケープは帽子を嫌がる子にも使えます。
私のように、日傘で片手がふさがってしまうとオロオロしてしまうママにもおすすめです。
ベビーカーやチャイルドシート、抱っこ紐に装着するだけですから。
また、授乳ケープの代わりにもなるからベンリです。

春夏用レッグウォーマーは、長ズボンをはかせるには暑い日にも、さっと着せれていいですよ。
また、うちの子のように足バタバタ~ですぐにブランケットがはだけてしまう子にもおすすめです。

紫外線対策グッズを上手に活用して、赤ちゃんと楽しいお出かけができますように~(^^)

スポンサードリンク

 - 赤ちゃん ,