七五三のネクタイの色は?柄は〇〇!【父親の場合】

   

2ae3dee9d14061db7bcb981c4edcc0cb_s

七五三ですね!
家族で記念に写真をパチリ♪
楽しい一生の思い出になります。

ところで、父親のネクタイの色って何色がいいの?
気になりますよね。

色や柄はどんなものを選べばいいのか、一番カッコイイネクタイを選ぶコツを教えます。

スポンサードリンク

七五三のネクタイの色は〇〇にする!

まず、父親がビジネススーツで行く場合。
七五三の父親がビジネススーツで行くのは正解です!
普段使っているもの、家にあるものでOKです。

七五三は、お祝いの席ですから、びしっとビジネスの時みたいにかっちりさせなくても大丈夫です。
お祝いの気持ちを込めた、明るめの色がおすすめです。

でも、具体的にどんな柄や色を選べばいいのか、迷いますよね。

そこで、七五三のネクタイ選びのコツを3つお話します。

一つ目のポイントは、地味になりすぎないことです。
二つ目のポイントは、お母さんやお子様の衣装とリンクさせることです。
三つ目のポイントは、お父さんの顔がぱあっと明るくなるような色や柄を選ぶことです。

詳しく説明します。

まず、地味になりすぎないこと。
これはとっても大事です。

黒や紺、グレーのスーツを着用しますよね。
お父さんもお出かけ感、かっちり感がでます。

ここで、失敗してしまいがちですが、ネクタイまで暗い色を選んでしまってはいけません。

なにしろ七五三はお祝いの席ですので、華やかさがほしいわけです。

普段ダークな色味のネクタイをお使いの人も、できるだけ明るい色のものを選ぶといいですよ。
写真を撮った時に、ぱあっとお顔が映えて素敵になりますし、家族写真の一体感も出ます。
お父さんだけ全身ダークカラーだと、集合写真を撮った時にお父さんだけが寂しくなってしまって、まとまりがなくなるので、注意しましょう。

気を付けることは、黒や紺、グレーのネクタイを選ばないことです。

七五三はお子様が主役ですから、お子様よりも目立つ服装は避けましょう、とよく言われますが、ネクタイの色は別。

全身ダークカラーのスーツにさし色として、明るいネクタイを着用するのが正解です。

ピンクやライトブルー、パステルカラーも素敵ですね。

明るい色!?そんなのなんだかしっくりこないな・・普段も使っていないし・・
そんな人は、色味は抑えつつも、光沢感のあるものや、柄が入っているものを選ぶのもおすすめです。

意外とシックで、なおかつ華やかさを演出してくれる色があります。
それは、エンジ色。ダークな赤色です。

スーパーヒーローや、戦隊モノのキャラクターを思い出してほしいのですが、中央のメインヒーローの色がズバリ赤です。
男らしさや頼れる感じが演出できますし、【パステルカラーとかはちょっと・・苦手・・・】というお父さんも、しっくりと着こなせますよ。

それでも、明るい色はちょっと・・という人は、色は抑えめにして大ぶりの柄のものを選ぶといいでしょう。
紺のネクタイでも、大き目のチェックを選ぶと華やかさが出ます。

スポンサードリンク

ネクタイ選び 色や柄のポイント!

二つ目のポイントは、お子様やお母さんの衣装とリンクさせたような色や柄を選ぶことです。
この色使いは、本当におしゃれで、写真を撮った時にもばっちり決まります。

え・・なんか難しそう・・
そう感じるかもしれませんが、実は簡単。

例えば・・息子さんが紫の袴をお召しの時は、その紫色に近く、少し明るめだったり、少し暗めだったりするパープルのネクタイを選ぶんです。
娘さんが、かわいらしい水色の着物を着るなら、その水色に近く少し色味の違う水色のネクタイをチョイスします。
他にも、奥様がパールのネックレスをしているなら、白やベージュの光沢のある質感のネクタイを選びます。
この時、柄もリンクさせると素敵です。

もちろんまったくおんなじ柄にするということではなく、大柄のものだったら、ネクタイの柄(チェックやストライプ、ドットいずれもOK)も少し大柄のものを選んでもいいです。

簡単でしょ♪

家族で、少しずつ似たような色味、柄、質感のものを着用していくと、仲良し家族感がすごく出ますので、おすすめです。
奥様と合わせていくと、仲良し夫婦感が出ますね。
将来、写真を見て楽しい気分を思い出すことまちがいなしです。

七五三のネクタイの色父親の場合・・?!

三番目のコツは・・
お父さんの肌の色に合う色を選ぶことです。
パーソナルカラーってご存知ですか?

人にはそれぞれ似合う色、似合わない色っていうものがあります。

ある色はなんだかどんよりと機嫌が悪そうな顔になってしまったり、ある色は肌がイキイキとして頼れるカッコイイお父さんに見えたりします。

七五三の場合は写真を残すことも多いので、写真を後で見返した時・・

あれ?お父さんなんか元気なさそうだね・・
顔がどす黒いね・・

ってならないようにしましょう。

では、どのように似合う色を見分けるかというと・・これも簡単です。

色には、ざっくりわけて2種類あります。
黄味がかった色、青みががかった色です。

お父さんの手首の内側を見ましょう。

そこに血管がみえますね。
血管の色は何色でしょうか?

緑や黄緑・・という人は、黄味がかった色が似あいます。
紫や青・・という人は、青みがかった色が似あいます。

是非チェックしてみてください。

例えば、ブルー系のネクタイにしようかな~と思ったときにも、人それぞれ似合う青が違います。

黄味がかった青・・ターコイズブルーなど
青みがかった青・・スカイブルー、ロイヤルブルーなど

他の色でも、全部そうです。

ピンクでも、黄味よりのコーラルピンク、青味よりのローズピンクなどありますね。

お父さんの肌色に似合う色を探す!これを心に置いてネクタイを探すといいですよ。

まとめ

七五三のネクタイ選び、とにかく、華やかさがポイントです。

個人的には・・

白シャツに赤やエンジのネクタイ
淡いブルーのシャツにピンドットの紺のシャイニーなネクタイ

などが、おすすめです。
3つのポイントを参考にして、ぴったりのネクタイを選んでくださいね。

スポンサードリンク

 - 年中行事 ,