デトランスでかゆみやかぶれが出る人へ この方法やってみて!【体験談あり】


デトランスを使って、かゆみや痛み、かぶれに悩んでいる人へ。私が実践してかゆみが全く起きなくなった方法をシェアします。

デトランスを使用してみて、かゆみやかぶれに悩む人が多いと思います。
私も、何年もかゆみや荒れに悩まされてきました。
色々と試してきましたが、今年に入って、ある方法を使ってまったくかゆみやあれが出なくなったので、取り急ぎお伝えいたしますね。

スポンサードリンク

デトランスのかゆみって半端ないですよね。
少し油断すると、かゆみや痛み、かぶれの症状が出ますので、デトランスは使い方が難しい制汗剤と言えます。
とはいえ、汗とニオイを防ぐパワーは絶大なので、気に入って愛用してきました。

これまで、いろんな方法でかゆみを防ごうとしてきました。
ある一定の効果はあったんですが、絶対にかゆみが出ない!と自信をもって言えるほどの予防策に出合えてなかったんですが・・
今年に入って、ある方法を試してみたら、非常に効果がありました。

まず、私が今までやっていた方法をおさらいします。
私は、脇の下が乾いた状態でないと、かゆみが出やすかったという経験から、

デトランス→ドライヤーで乾かす。

という方法をとっていました。
この方法が完璧でなかった理由として、ドライヤーの熱で、脇の下からかえって汗が出てきやすくなってしまうことでした。

そこで、脇の下をさらさらに保つために、ベビーパウダーを導入してみました。
こちらのものは無添加で刺激がなくおすすめです。

今、やっている方法は、

  • デトランスを塗る前に、ドライヤーで乾かす。
  • それからデトランスを塗る。
  • さいごに、ベビーパウダーを塗る!
  • という方法です。ドライヤーで出来るだけ脇の下を乾かした後に、デトランスをつけます。
    こうすることでデトランスが肌に密着しやすくなります。

    毛穴以外の場所についたデトランスは、刺激があるだけで何かの効果を発揮するわけではありません。
    だから、ベビーパウダーで水分を吸着してあげましょう。

    こうすることにより、多少の汗では肌が濡れることもなく、かゆみも発生しません。
    朝まで脇の下がサラサラなままです。

    これには、私も正直感動しました。
    汗で肌の表面が濡れることで、デトランスの成分が肌を刺激していたのです。

    翌朝、脇の下を石鹸であらうのは変わりません。
    無添加せっけんなどの、極力刺激の少ないものを使って、脇の下を優しく洗ってください。

    さいごに

    もし困っている人がいたら、参考になるかな?と思いましたので、取り急ぎ報告いたします!
    いえ、困っている人は多いと思います。
    かゆみがあっても、我慢しながら使ってる人がたくさんいるはずです。
    私もそうだったので、よくわかります。

    いつもはらはらしながらデトランス使っていました。
    それがなくなったので、とても嬉しいです。

    みんなに効果があるとは言い切れないので、自己責任でお願いしますね。

    スポンサードリンク
    スポンサードリンク
    スポンサーリンク
    スポンサードリンク
    スポンサードリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    スポンサーリンク
    スポンサードリンク