赤ちゃんの日焼け止めの落とし方顔の洗い方と保湿をマスターしよう!

      2016/04/27

dd439b073790153ee98bb59d4efb9218_s

赤ちゃんとお出かけする機会も増えてくる季節ですね。
赤ちゃんといろんな思い出作り、ワクワクしますよね!

日焼け止めも準備したし、紫外線対策もバッチリ!
これで安心だ~!

・・でも、赤ちゃんのお顔の日焼け止めってどうやって落とせばいいの?
大人みたいにクレンジングオイルを使ってがっつり落とす事もできないし・・
いつも使っている石鹸を使って、ほんとにちゃんと落としきれるのかギモン・・
石鹸や日焼け止めが目に入ったりしたら、それこそ大パニック!

・・ですよね。

そこで、今日は上手に赤ちゃんのお顔の日焼け止めを落とすコツ(私がやっていた方法)をお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

赤ちゃんの日焼け止めの落とし方顔はむずかしいよね

6ヶ月を過ぎた頃から、赤ちゃんの紫外線対策として、日焼け止めをつかうといいですよね。
赤ちゃんにおすすめの日焼け止めはこちら

案外と悩むのが、赤ちゃんの日焼け止めの落とし方。
特に、お顔!!
なかなか簡単に洗わせてくれません。

大人のようにザブザブ洗うわけにもいかないし、なにかうまい方法はないのか??
今日は私がやっていた方法をお伝えします。

    用意するもの

  • ガーゼを数枚
  • 洗面器にあたたかいお湯
  • いつもお顔を洗う時に使っているボディウォッシュか石鹸
  • 落ちにくい時のためのベビーオイルか保湿クリーム

まず、お顔についた日焼け止めを濡らしたガーゼで優しくなでて、ぬぐいます。
この時、乾いたガーゼだと、刺激が強すぎて後で赤くなってしまうので注意です

そしたら今度は、濡らしたガーゼにいつも使っているボディウォッシュか石鹸をとり、優しくくるくるとなじませます。
このガーゼは洗い用のガーゼにします。
いっぺんにお顔全体を洗おうとすると、赤ちゃんが手でこすったりした時に大変ですよね。
普段からお風呂の時にやっている人も多いと思いますが、お顔をいくつかの範囲にわけて洗うといいですよ。

私の場合は、おでこ、右ほっぺ、左ほっぺ、あごをあらって最後にお鼻とお口周りを洗っていました。

洗浄料(いつものボディウォッシュか石鹸)をなじませたら、カーゼを取り替えます(流し用)
流し用のガーゼにゆるめにお湯をふくませて、拭き取ります。
緩めのお湯でふきとるのを、何回か繰り返します。

全部のパーツが終わったら、お顔洗いは完了です。

赤ちゃんの日焼け止め顔の洗い方は十分かな?

だいたいは、この段階でちゃんと落とせていると思うんですけど、ほんと~~に落とせているのか、心配な時がありますよね。

そこで、ちゃんと落ちているかチェックする方法。
お肌にちょんちょんとお湯を置いてみてください。

はじいてしまうような、防水加工みたいな水滴ができたら、まだ日焼け止めが残っている可能性があります。
私が個人的に感じたのは、とくにSPFが高いものは、低いものとくらべて落としづらい印象でしたね。

まだ、少しお肌に日焼け止めがのこっているんじゃないかな~?
そんな時は、もう1ステップ。

普段使っている保湿剤、ベビーオイルやクリームなどを優しくお肌になじませます。
よくなじませたら、さきほどのように、もう一度濡らしたガーゼで拭きとってください。

そして先ほどのように、ガーゼと洗浄料(いつも使っているボディウォッシュや石鹸)で洗ってみてください。

これでずいぶんとすっきり落とせたんじゃないかな?と思います(^^)


スポンサードリンク

赤ちゃんも日焼け止めの後は保湿してあげよう!

おつかれさまでした・・!

すっきりと、日焼け止めを落とすことができましたか?

日焼け止めを落とした後は、お肌もちょっぴり疲れ気味で乾燥しやすくなっています。

しっかりと保湿を忘れないようにしましょうね。
保湿は、いつも使っている保湿剤、ベビークリーム、ベビーオイルなどでだいじょうぶですよ。

これでバッチリお肌を休めてあげましょうね。

うちの子は、すごく乾燥肌でした。
すごくかぶれやすく、刺激にも弱かったので、市販のクリームなどもなかなか使えませんでした。
だから、日焼け止めを落とした後は、白色ワセリンをうすーく塗ってあげていました。

赤ちゃんのお肌はとてもデリケートで薄く、ゴシゴシ刺激も大きな負担になってしまいますので、

とにかくそーっとそーっとケアをしてあげるのがコツですよ

赤ちゃんの顔の日焼け止めの洗い方のまとめ

私も、赤ちゃんのお顔をあらうのって意外と難しく、時々泣かせちゃったりしてました。
でも、日焼け止めはしっかりと落としてあげないと、肌荒れの原因にもなるし、しっかりと洗ってあげたいですよね。

ガーゼは濡らして使うこと。
もし落としづらい時には、ゴシゴシせずに保湿剤などを優しくなじませて浮かせること。
お顔はいっぺんにしようとせずに、少しずつ分けてあらう事。

など、ポイントをお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?
なにかひとつでも、参考になれば、嬉しいです。

赤ちゃんと一緒に楽しい毎日を過ごせますように~(^^)

スポンサードリンク

 - 赤ちゃん ,