水筒のパッキンに黒カビと汚れが!ニオイもすっきりとれちゃう方法はコレ♪

水筒のパッキンに黒カビがついて困っている人へ。
黒カビをキレイにして汚れとニオイも取る方法を記事にまとめました。

水筒のパッキンって汚れが付きやすいですよね。
かなり細かい凹凸があって、なかなか洗いづらいですし、私のようなズボラな人間は一回一回外して洗うのを忘れていたり・・

そこで、黒カビのついたパッキンをキレイにする方法、ニオイの消し方を教えます。

★『水筒』に関する人気記事★
-こちらもよく読まれています-
保育園の水筒はこれがおすすめ!
水筒のフタが開かない時は、コレで簡単♪ 

スポンサードリンク

水筒のパッキンの黒カビはこれで一発解消!

水筒のパッキンについた黒カビは、キッチン用ハイターでキレイに落とせます。

ボールなどに水をため、その中にハイターを説明書通りの量入れてください。
私はズボラなので、キャップにちょろっとかなーとか、テキトーに入れてます。

それから、しばらく放置します。
15分くらいでしょうか。

チェックしてみてください。
どうでしょう?キレイになっていますか?

それでも、取れていないときには、もう一度繰り返してみてください。

また、ゴムの劣化が気になる方や、水筒の説明書にハイターの使用を避けるように明記されている場合には、塩素系ではなく、酸素系の漂白剤を使ってみてください。

こちらは、60度くらいのちょっと熱めのぬるま湯を用意します。
さっきと同じように、お湯に適量の酸素系漂白剤を溶かしてから、パッキンを入れます。
上に浮かんできやすいので、私は、お皿などを上に置いて重しにしています。
酸素系漂白剤の場合は、そのまま翌朝まで放置するといいでしょう。
ゆっくり時間をかけて、キレイになるからです。

どうしても、急いでいるときや時間がないときには、お湯の温度を上げてください。
沸騰したくらいの熱さでもいいです。
そうすると、高い温度で素早く反応が起こります。
細かい泡がぷくぷく出てこなくなれば、おしまいです。

もちろんですが、塩素系漂白剤と、酸素系漂白剤を混ぜては絶対にいけません。
危険ですので、気を付けてくださいね。

また、漂白剤につけていた水筒の水を、なぜか子どもが飲んだことがありました。
まずかったので慌てて吐き出したそうなんですが、すごくびっくりしました。
そのあと、ハイターの説明書に書いてあったとおり、牛乳を飲ませました。
本当に怖かったです。

だから、お子さんには事前に伝えておいた方が良いですね。

ハイターは危険なので、換気をしながら、気を付けて使ってください。

水筒のパッキンの汚れの落とし方・・

ハイターに着け置きした後は、しっかりと水洗いをします。
そのあと、食器用の洗剤などを使って泡を立てて洗います。

水で洗ったら、もう一度汚れをチェック。
もし、細かい凸凹に入った汚れが取れていないときは、つまようじなどで軽くこすってみてください。

水筒を使い終わった後には、毎回パッキンをはずして、食器洗い用洗剤で洗うのが理想です。
・・・が、私はなかなかこれができてません。

保育園からも食中毒などが起こりやすいので、毎回漂白するように、と連絡が来ていました。
毎回漂白洗いができなくても、せめて、パッキンを取り外して洗剤を洗うくらいはしたいですね・・(汗

パッキンを外しづらいから、ついつい後回しにしてしまいがちですが、パッキンを外すのも、つまようじを使えば簡単ですよ。

スポンサードリンク

どうしても、汚れが取れない場合には、パッキンを新しいものと交換することになりますね。

悲しいですが、パッキンは消耗品ですので本体よりも早めにダメになることが多いです・・・
ちなみに、私はサーモスの水筒を愛用していますが、パッキンをここ3年間で、二回くらい買い替えました。

水筒の型番で検索すると、すぐに買えるので便利です。
本当に便利な時代になりましたね。

中には、パッキンの替えが売っていない水筒もありますよね。

以前は、できるだけ安く済ませたかったので、子どもの水筒も、全部安くてキャラクターが付いているものを買っていたんです。でも、すぐどこかにぶつけて壊してしまっていたので、今は、しっかりとした作りのサーモスを使っています。

結果、本体はいろんなところにぶつけてボコボコですが、すごく丈夫で壊れないし、パッキンをなくしたり、汚れた時にも買い替えられるのでよかったです。

水筒のパッキンのにおいの落とし方・・

ハイターに着け置き洗いをすると、たいていの場合、黒カビや汚れは落ちてしまいます。
でも、ニオイが残ってしまうことが・・・ありますよね。
ハイター臭です。

なんだか、体にとっても悪そうで、心配になりませんか。

パッキンのハイターくささに、悩んでいる人は結構多いですよね。
どうしてパッキンにはニオイが付きやすいかというと、パッキンの素材の性質上、ニオイを吸収しやすいんです。

ハイターのにおいの他にも、買ったばかりの水筒のパッキンのニオイや、中にいれておいた飲み物のにおいが移ってしまうのが嫌だ・・という声もよく聞きます。
そのため、パッキンを飲み物別に何個も用意して使っている、なんて方もいます。
ニオイに敏感な方だと、特につらいと思います。

パッキンのニオイを取る方法は、インターネットにもたくさん出ていますが、正直に言うと、多くの方法はそんなに使えなかったりします。

たとえば、重曹。これはアルカリ性なので、酸性の汚れのにおいを中和させる働きがありますね。
確かに、消臭効果があります。
でも、ハイターや飲みもののニオイ、買ったばかりの水筒のパッキンの素材臭には、効果がありません。

他にも、熱湯に浸す・・などの方法もよく書き込まれていますが、あまり効果はありません。

おすすめの方法は、直射日光に当てることです。
ゴムについたニオイを取るには、直射日光が一番よく効きます。

うちの子どもたちが、お祭りでとってきた大量のスーパーボールもゴム製で、すごいにおいがしていましたが、太陽の光に当てることでニオイがなくなりました。

それと同じように、ゴム製のパッキンのニオイもよく落ちますよ。
一度、洗濯ものなどと一緒に、お外に干してみてくださいね。
陰干しではなく、しっかりと日光を当てて乾かすのがポイントです。

さいごに

パッキンの黒カビは、キッチン用のハイターで落ちます。
凸凹の中に入っている汚れは、つまようじなどでこすってみてください。
どうしても汚れが取れない場合には、残念ですが、新しいものと交換しましょう。
パッキンに、ハイターのニオイや、他のニオイが染みついてしまったときには、キッチンで乾燥させるだけではなく、是非太陽の光に当ててみてください。
スッキリとニオイが落ちますよ。

★『水筒』に関する人気記事★
-こちらもよく読まれています-
保育園の水筒はこれがおすすめ!
水筒のフタが開かない時は、コレで簡単♪ 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク