水筒がかび臭い時の落とし方は?ステンレス内部のニオイもこれですっきり♪

水筒がかび臭すぎて困っている人へ。水筒のカビ臭いにおいをとる方法をごご紹介します。

ステンレスなどの水筒のカビのニオイってげんなりしますよね。
お茶を入れて飲もうとしても、その味が変な味になってしまいますし・・・

そこで、どうにか、このニオイがとりたいあなたのために、水筒についた嫌なカビの臭いをとる方法を教えますね。

スポンサードリンク

水筒がかび臭い時に最初にすることは?

しばらくしまっておいた水筒や、洗うのを忘れてしまっていた水筒の中のニオイをかいでみると・・
かび臭い!

そんな時には、まず水筒の部品を全部分解・・というか取り外してみてください。

本体は、ステンレス製なら、本来はカビはつきません。
金属はカビないからです。

中蓋の内側って細かい部品があって、ちゃんときれいにしようと思っても中まで届きませんよね。
だから、この内部にカビが来ていることがあります。

毎日洗っているつもりでも、しっかりと乾燥させないまま続けて使っているだけでもカビが発生してしまいます。

なので、本体、中蓋、パッキンをすべて分解して、台所用の漂白剤に漬け置き洗いをしましょう。
キッチンハイターを濃いめに作って、つけておきます。

水筒のカビの落とし方。次にすることは・・

次にすることは、水筒の表面についてしまった、たんぱく汚れを落とします。
ステンレス自体にはカビはこないと言いましたが、表面の茶渋や、麦茶などの汚れ、手垢など、目には見えないたんぱく汚れがたくさんついています・

カビやニオイの原因となるこのたんぱく汚れは、実はハイターでは落ちないんですよね。
漂白剤でできるのは、殺菌と漂白です。

たんぱく汚れを落とすには、メラミンスポンジで表面をこすります。
メラミンスポンジは、表面の汚れを薄く削り落としてくれるので、とてもおすすですよ。

表面についてしまったたんぱく汚れを、優しく、まんべんなく落としましょう。

水筒の底など、なかなか届きづらいところは、こちらのものが使いやすいです。

スポンサードリンク

しっかりと、優しく表面をこすり洗いしたら、水洗いをします。

そのあとは、食器用洗剤で洗います。

水で流します。

水筒のステンレスのカビのニオイは取れたのに・・

ここまでやって、かび臭いニオイはとれたはずです。
でも、今度はハイターの臭いがついてしまって取れない、気になることが・・

 カビ臭がせっかくとれたのに、今度はハイターか・・

でも、だいじょうぶです。

ハイター臭をとる簡単な方法があります。

それは、直射日光に当てて乾燥させることです。

パッキンなどのゴム部分についたハイターのニオイも、これで取れます。

水筒を入れておくためのカバーなどがある場合にも、しっかり洗って乾かしてから使いましょう。

酢や塩、重層もカビ臭に効く???

酢や塩、重層を使って、水筒についたカビのニオイがとれるという情報もあります。

酢は酸性なので、アルカリ性の汚れに効果があります。
なので、カビ臭の原因となるたんぱく汚れは酸性なので、効果がありません。

塩や重層は、弱いアルカリ性なので、メラミンスポンジでこすり洗いをするときに使うといいですよ。
ただ、重層水につけたり、塩水につけておくだけではたんぱく汚れが残ってしまうのでおすすめしません。

最後に

1.ハイターでつけおき
2.メラミンスポンジでこすり洗い
3.食器用洗剤で洗う
4.直射日光でしっかり乾かす

この4ステップで水筒のカビ臭はきれいに取れます。
カビのニオイが取れた後も、ハイターや日光消毒など、週一くらいで続けてくださいね。

水筒に関する人気の記事です
-こちらもよく読まれています-

水筒のパッキンに黒カビと汚れが!ニオイもすっきりとれちゃう方法はコレ

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク