赤ちゃんのしゃっくりを止める方法!苦しそうだけど大丈夫なの?

      2016/04/16

070479

赤ちゃんがよくしゃっくりをする。
なんだか苦しそうなんだけど、だいじょうぶかな?

赤ちゃんのしゃっくりもあまりしょっちゅうだと、なんだか心配になりますよね。
うちの子もホントよくしゃっくりしてました。

今回は、赤ちゃんのしゃっくりの理由と止め方についてまとめました。
是非参考にしてくださいね♪

スポンサードリンク

赤ちゃんのしゃっくりを止める方法が知りたい

赤ちゃんってよくしゃっくりをしますよね!
うちの子が赤ちゃんだったころにも、毎日のようにしゃっくりをしていたのを覚えています。

赤ちゃんがよくしゃっくりをする理由は?

まだ消化管や横隔膜の周りが発達している途中なので、ちょっとした刺激でしゃっくりをしてしまいます

体温が下がったり、授乳の後のゲップをさせた拍子にもしゃっくりが出やすいです。
赤ちゃんは、眠たくなると体温が下がるのでそれでしゃっくりにつながることもあります。
また、おしっこが出た時にも体温が下がってしゃっくりのきっかけになります。

うちの子は眠たい時によくしゃっくりをしていました。
実家の母が、『あら、この子しゃっくりしているわよ。寒いんじゃないの?』って言っていました。

赤ちゃんがよくしゃっくりをするけどだいじょうぶなの?

はい、赤ちゃんのしゃっくりは一度に数分でおさまるようなら問題はありません
そのままほおっておくと、自然におさまります。

赤ちゃんのしゃっくりが苦しそうなんだけどどうすればいい?

赤ちゃんがしゃっくりをすると、なんだか苦しそうに思えることありますよね。
うちの子の時に助産師さんに聞いたのですが、赤ちゃんはしゃっくりをしても別に苦しくはないそうです

少しだけ背中をとんとんしてあげる。

背中をトントンと優しくさすってあげると赤ちゃんも安心しますね。

ゲップがまだなら抱っこしてゲップをうながしてあげる。

ゲップがきっかけでしゃっくりをすることも多いですがゲップがまだ出ていない場合や、空気が残っている場合は嘔吐するといけないのでしっかりとゲップをさせてあげてましょう。

うつぶせにしてあげる。

腹筋と横隔膜周辺が伸びるのでしゃっくりがとまるきっかけになることもあります。
ただ、首が座っていない赤ちゃんはうつぶせはまだ早いので、首が座ってから大人の人がそばについて短時間だけさせてあげましょう。

体を温めてあげる

少し寒い季節なら、軽く毛布をかけてあげたり、温めたガーゼをほっぺや手足に当ててあげるのもいいでしょう。
実家の母がよくしゃっくりをするうちの子に毛布をかけてあげていました。

何か飲ませてあげる。

母乳やミルクを少し飲ませてあげるのも、しゃっくりを止めるのに結構効果があります。

私は助産婦さんのアドバイスで、うちの子がしゃっくりする時は母乳をあげてましたね。

だいたいの場合は数分でおさまっていました。


スポンサードリンク

赤ちゃんのしゃっくりは大丈夫な場合がほとんど

何時間にもわたって続くものでないかぎり、赤ちゃんのしゃっくりは深刻な問題ではなく、だいじょうぶな場合がほとんどです。
ちょっと大きくなってくると、赤ちゃんがしゃっくりを面白がって笑い出したりすることもありますよね。

でも、どうしてもいますぐしゃっくりを止めてあげたい
そんな時はどうすればよいでしょうか?

大人の場合、ワッ!と大声を出せばしゃっくりがとまると聞いたことがありませんか?
しゃっくりは、意識が強く他の事に向かうと、反射的に止まってしまう性質があります。
でも、赤ちゃんをびっくりさせるのはなんだか気が引けるな~

是非、試して欲しい方法がこちらです。。


赤ちゃんのしゃっくりをいますぐ止める方法

糸を水に浸してから、赤ちゃんのおでこにチョコンと乗せてみてください!

赤ちゃんの意識がおでこの糸に向かうので、ちょっとなんだなんだ?となってしゃっくりが止まりやすいのです。
水でしぼったガーゼとかでもOKです。

是非ためしてみてくださいね。

赤ちゃんのしゃっくりの止め方まとめ

数分で終わるしゃっくりは、気にしなくてもだいじょうぶです。

背中をさすってあげたり、母乳やミルクをあげたりしてみてください。
寒い時は毛布をかけてあげるのもいいです。

糸を水に浸してから赤ちゃんのおでこにチョンチョンと乗せるのも効果的。

是非やってみてくださいね♪

スポンサードリンク

 - 赤ちゃん ,