二日酔い対策は飲む前にできるよ!飲み物と食べ物を教えます。

   

408998

もうすぐ飲み会に参加するあなた。

『お酒を飲んで次の日に二日酔いになるのは嫌だな~』
『どうにかして二日酔いを防ぐ方法はないの?』

そんなあなたのために、今回はお酒を飲む前に出来る二日酔い対策をまとめました。
二日酔いを予防する効果の高い食べ物や飲み物のレシピもご紹介します。

是非参考にしてみてくださいね!

スポンサードリンク

二日酔い対策はお酒を飲む前がカンジン!

お酒をのんだ次の日に起きる苦しい症状。
二日酔いつらいですよね。

二日酔いのよくある症状

例えば・・

頭痛
筋肉痛
吐き気
テンション下がる
うつ症状

・・などです。

二日酔いにならないためには、お酒の吸収をゆっくりにさせることとお酒を素早く分解することが大事です。

お酒を呑む前には、何かをお腹に入れておくとお酒の吸収がゆっくりになり二日酔いの予防になります。
特にお酒の分解を助ける成分の多く含まれているものがおすすめです。

逆に胃の中がからっぽだと、お酒が吸収されやすくなり二日酔いになりやすくなります。

お酒を飲むときには、家でまず何かを食べてからでかけましょう

二日酔い対策で食べ物はこれを食べよう

脂肪とタンパク質が含まれるもの

脂肪やタンパク質は胃の中でゆっくりと吸収されるので、お酒を飲む前に食べておくといいですよ。

おすすめの食材は?

からあげ・・タンパク質と脂肪がアルコールの吸収をゆっくりにします。
アボカド・・体に良い脂肪分とアミノ酸が二日酔い防ぎます。
トマト・・リコピンがアセドアルデヒドの働きを弱くします。
ほれんそう・・アルコール分解を助けるビタミンがたっぷり含まれています。
アスパラガス・・肝臓を守り、二日酔いを軽減する効果があります。
ゆでたまご・・タンパク質がアルコールの吸収を遅くし、アミノ酸がアルコールの分解を助けます。
ナッツ類・・アルコールの吸収を遅くし、分解を助けます。

二日酔いを予防するスペシャルサラダの作り方

材料 

ほうれん草や葉野菜
アスパラガス
トマト
アボカド
ゆでたまご
からあげ
ナッツ類

作り方

ほうれん草とアスパラガスをゆでる。
ほうれん草は沸騰したお湯に30秒くらい、アスパラガスは1分くらい柔らかくなるまでゆでます。
トマトとアボカドを食べやすい大きさに切る。
ゆでたまごを切る。
からあげを食べやすく切る。
ナッツを食べやすく砕く。

お皿にいろどりよく盛ったら、ナッツをパラパラふりかけてお好きなドレッシングをかけてどうぞ!
シーザードレッシングによくあいます♪

このサラダ、結構ガッツリお腹にたまりますので飲み過ぎを防ぐことも出来ますよ。
また、飲んだ後に麺類でシメるより先にサラダを食べたほうが次の日の二日酔い予防になります


スポンサードリンク

二日酔い対策で飲み物はコレを飲もう

水分はアルコール分解に必要です。
だから、水分が足りないと脱水症状として次の日の二日酔いがきつくなります

飲み物をお酒を飲む前に飲むことは二日酔い防止にとても効果があります。

おすすめの飲み物

手軽に飲めて脱水を防いでくれるのがお味噌汁です。
水分と一緒に塩分も摂取することができます。

具材はなんでもよいですが、トウフやワカメがおすすめです。

手軽にできるお味噌汁の作り方

材料

味噌 スプーン1杯
お湯 
カツオ節 1パック
ワカメ
あればトウフ

作り方

お椀やマグカップにお味噌とカツオ節、ワカメと豆腐を入れてお湯を注ぐだけ!

酸っぱい系のフルーツジュースもいいですね。

水分の補給と共にクエン酸やビタミンCが二日酔いを防いでくれます

トマトジュースやグレープフルーツジュースは特に効果的です。

お酒を呑む前に出来る二日酔い対策まとめ

二日酔いは飲む前に防ぐことが出来ます。
具体的には、脂肪やタンパク質、ビタミンの多いものを食べるのがおすすめです。
二日酔いを防ぐスペシャルサラダもおいしいので作ってみてください。
飲み物では、お味噌汁やフルーツジュースがおすすめです。

飲み会の前に是非やってみてくださいね♪

スポンサードリンク

 - 健康 ,