パソコンを使って目が痛い時の対策。目の疲れにはツボを押さえよう!

   

Print

パソコンを長時間使っていると目の奥がズーンと痛くなる。

目の痛み対策ってどうすればいいのかな?

そんなアナタのために、いますぐできるパソコンの設定や目の痛みを減らすためにできる対策、目の痛みを取るためのツボなどをご紹介します♪

スポンサードリンク

パソコン使用で目が痛い時の対策は?

パソコンを長い間使っていると、ズーンと目の奥が重くなって痛くなりますよね。
私も仕事でパソコンを一日中使うのでわかりますが、あの痛みはつらいですよね。

目の痛みの原因は?

目の奥にズーンとくる痛みは目の疲れによるものです

目をなるだけ疲れさせないために、パソコンや部屋の環境を整えましょう。

部屋の明るさ

パソコンの画面よりも部屋の明るさが暗くならないようにします。
外の光が入ってきてまぶしい時は、カーテンをしましょう。

パソコンのモニター

モニターはノングレアといって証明などが反射しないタイプがおすすめ。

モニターの明るさ

明るいとクッキリと見えるのではっきり見やすく感じますが、まぶしくて目を疲れさせてしまいます。
モニターの明るさはは下げましょう。
目安はWordの白い画面が白いコピー用紙と同じくらいです
となりにコピー用紙を持ってきて当てながら調整すると簡単ですよ。

パソコンのブルーライトをカットする方法

モニターからは目の負担になりやすいブルーライトが出ています。
それを軽減するためには、モニターの設定で色温度を下げてモニター全体が若干赤っぽくなるくらいがいい感じです。
最初の内は目がなれませんが、すぐに慣れます。

文字の大きさ

モニターの文字の大きさを大きくするのも目が疲れづらいです。
見やすいくらいに大きくしましょう。
私は、一番大きくしています。

モニターの高さ

モニターの高さは上のラインが目の高さより少し下になるくらいがいいです。
少し下を見下ろす視線が一番目に力をいれなくていいので目が疲れにくいです。

私は、作業に集中するとつい猫背になってしまって、上目遣いでモニターを見ていることがよくありました。
上目遣いは、目が疲れやすいだけでなくまばたきも減りドライアイの原因にもなります。

まばたきを意識してゆっくりたくさんすること。

集中すると自然とまばたきが減ります。

モニターのすみっこにポストイットなどを貼り、『まばたき』と書いておくと忘れないのでおすすめです♪

目とモニターの距離

目とモニターの距離は、40cmが一番いいです。
一度、定規を持ってきてはかってみましょう。
意外と距離がありますよ。

休憩すること

1時間作業するごとに20分休憩をしましょう。
目を休めるだけて、目は疲れづらくなります。

パソコンによる目の疲れ対策は?

一時間ごとに20分休憩をする

携帯のタイマーを使って1時間はかり、20分の休憩を取ります。

休憩中におすすめの対策は?

首と肩をぐるぐる回す

首や肩を動かしてあげると、目が疲れにくくなります。

目を温める

レンジで簡単に作れるホットパックを使って目の周りをじんわりと温めましょう。

ホットタオルの作り方

水にひたして軽く絞ったタオルを、レンジで1分くらい温めます。
この時、お皿に入れた方がいいですよ。

ホットタオルを目の周りにのせると血行がよくなりとても気持ちが良いです!

目の周りのマッサージをする


スポンサードリンク

パソコンによる目の疲れに効果のあるツボはこちら

目の周りをマッサージしながら、目の疲れに効果的なツボを中心に押していきましょう。
目の周りがずいぶんと軽くなるのがわかると思います。

ツボのある場所

こめかみ

まゆ頭

まゆ毛の真ん中

眉尻

目頭

目尻

黒目の下

耳の周りにもたくさんのツボがあります。
耳たぶを軽く持って、やさしく回してみてください。

パソコンによる目の痛みの対策まとめ

パソコンの疲れによる目の痛みには、パソコンや部屋の環境を整えることと、休憩することが大事です。
休憩中には、ホットタオルであっためたりストレッチやツボ押しマッサージもおすすめです。
是非ためしてみてくださいね。

スポンサードリンク

 - 健康 ,