鼻を小さく見せるメイク方法はコレ!高くキレイに化粧で出来る!

鼻の形に悩んでいませんか?

私の鼻は団子鼻で、笑うと横に広がってそれがすごくコンプレックスでずっとずーっと気にしていました。

『鼻をメイクで小さく見せる方法を知りたい!』
『何を使えばいいの?』
『どうすれば、鼻が小さく高く見えるのかな?』

そんなアナタのために、10代の頃から試行錯誤してきた私がメイクで鼻を小さく高く見せる方法を教えます♪
簡単にできてとても自然に仕上がるので、おすすめですよ~!

スポンサードリンク

鼻を小さく見せるメイク方法とは・・?

丸い鼻やだんご鼻を体操ですっきりさせる方法はこちらにまとめました。

私のデカ鼻を鼻をたかくする体操で変わった体験談はこちらにまとめました。

丸いだんご鼻でもメイクでスッキリしたかわいい鼻に見せることができます♪

その方法は、ノーズシャドウとハイライトのテクニックを使うことです!
光と影を使って目の錯覚で鼻が小さく高く見せられますよ。

ノーズシャドウとハイライトの仕組みをお伝えします。


ノーズシャドウって?

肌の色よりも少しだけ暗い色を使って、まるでそこに影があるように見せる時に使います。
シャドウとは、英語で影という意味ですね。

顔を小さく見せたい時に使うシェーディングも同じような原理です。
シェーディングも、同じく英語で影という意味です♪

細く見せたい時、周りよりもへこんで見せたい、小さく見せたい時に使います。

鼻筋が太いところを細く見せたり、鼻の頭の丸い所を小さく見せることができます。
また、小鼻の広がっている人は、小鼻を小さく見せるためにも使えますよ。

ノーズシャドウの選び方はとても大事。

肌の色よりも1~2トーン暗めの色を選びます
つい暗めの色を選んでしまいがちなのですが・・
おすすめしたいのは、肌より1~2トーンくらい暗めの色。
ちゃんと鏡の前で様子を見ながら足していったほうが安全です。

ノーズシャドウとして売られているものの他に、アイブロウやアイシャドウも使えます。

避けたほうがいいものは?

ラメやパールが入ってるものは避けましょう。
影ってキラキラしていませんよね?
ラメやパールには光があたっているように見せる効果があります。
だから、こういうのを使うと不自然になってしまいます。
ラメやパールはノーズシャドウには不向きです。

赤茶やオレンジっぽい色は避けましょう。
赤茶やオレンジがかった色味は、ノーズシャドウとして売られていることが多いです!
それは、よく売れる色だから!
でも、この色味は肌にのせたときに、影のように見えないばかりか汚れているように見えたり、くすんでみえてしまいますので避けましょうね。

ノーズシャドウを選ぶコツは?

影の色味を意識することです。
オレンジっぽいよりかはほんのちょっとグレーっぽいものの方が向いていますよ
意外かもしれませんが顔に自然と馴染む色です。
影ってどんな色かな~?って思いながら選ぶと失敗しません。


ハイライトって?

その場所に光があたっているように見せることができます♪

他の場所より広く高く見せたい時、大きく見せたい時に使います。

例えば、目と鼻筋の間のくぼみに少しのせると、鼻の大きさが目立ちません。
眉の間にのせるのも効果的です。
鼻筋にのせたりほっぺにのせてもいいですね。

避けたほうがいいものは?

ハイライトとして売っているものを鼻に使うと不自然になることがあります。

テカって油浮きして見えてしまうのです。

パールやラメのはいっているものも、鼻のハイライトには向きません

おすすめはリキッドファンデーション

パールの入っていない自分の肌の色よりも1トーン明るいものを選びます。
不自然に鼻が強調されることなく、自然な感じに仕上がりますよ。
       
影と光の目の錯覚を利用することで、大きな団子鼻も小さくかわいい鼻になれちゃいます♪

さっそくやってみましょう~♪


鼻を小さく高く見せるメイク手順を詳しく

ハイライト・ノーズシャドウを入れる場所は?

一人ひとり鼻の形が違います。
なりたい鼻やメイクの感じも違うので、ハイライトとノーズシャドウを入れる場所も違ってきます

まず、自分の鼻をよく観察してみましょう。

鏡を見ながらさわってみます。
小鼻が大きいな~とか
鼻の頭が大きいな~とか
実際触ってみることで、よりよくわかってきます。

そして、『もっとここが細かったらな~』と感じるところにはシャドウをいれます。
鼻筋ひとつとっても途中から膨らんでいたりへこんでいたりするので、しっかり指で触って確かめましょう。

テキトーにバーっと一本線に入れてしまうと、鼻が強調されてデーモン小暮さんや、宝塚のスターさん達のようになってしまいますので注意しましょうね(笑)

できるだけ丁寧に細かく観察しながら入れると自然に見えますよ。

なにを使って入れる?

シャドウはとくにですが、ボテッと入ってしまうと逆に鼻が目立ってしまいます!
だから小さめのアイシャドウブラシをつかって入れましょう。
少し穂先が斜めになっているものが使いやすいですよ。

シャドウやハイライトの代わりにリキッドファンデーションを使う場合も同じです。
ファンデーションブラシは大きすぎて細かく使えないので、ハイライトにはコンシーラブラシもおおすすめします。

指やチップはおすすめしません


鼻のタイプ別ハイライト・シャドウの入れ方



シャドウやハイライトを入れる時には鏡に近づいてもいいです。
が、確認するためには一度遠目で見てみましょう。
バランスや入れた位置がよくわかります。
     
ここにいろんなタイプの鼻の人のために、詳しい入れ方をまとめてみました。
当てはまる所が複数ある人は、組み合わせてやってみてください♪

鼻が低い

まゆの付け根の内側に、すこしノーズシャドウをいれます。
そのまま目の横あたりくらいまでうすーくほそーく伸ばしていきます。
目の間の部分が特に低くなっているなら、そこにハイライトをいれます。
       

鼻が丸い・団子鼻・鼻先が大きい

眉の間にハイライトをいれます。こうすることで、鼻の大きさを目立たなくすることができます。
まるくなっている部分にシャドウをいれます。
鼻筋の部分を残して両脇のふくらみにのせるようにシャドウをいれます。

鼻の下が長い

上唇の上の溝のところにもハイライトを入れましょう。
鼻の真下にもシャドウを入れると、鼻の下の距離が短く見えます。

小鼻が大きい

小鼻の脇のみぞの部分、ほっぺから小鼻の膨らみまでハイライトを入れます。
鼻筋の両脇には、シャドウを入れます。

鼻筋を通したい

上から下まで入れると、鼻が長く見えてしまいます。
丸顔の人は少し長めにいれても大丈夫です。
面長の人は、鼻をさわってみてへこぼっているところを中心にして長くても2Cmくらいがいいですよ。

眉頭の位置に注意!

これも目の錯覚なんですが、まゆ毛同士が離れているとその分小鼻が広がって見えます!!
不自然にならない程度に、まゆ頭の位置を近づけると、鼻がほっそりと見えますよ♪

メイクは何度でもやり直すことができますから、何度か試してみて一番アナタのお顔に合ういいやり方を探してみてくださいね♪


スポンサードリンク

鼻を小さくみせる化粧の仕上げはコレ・・

ノーズシャドウとハイライトが終わったら、最終的にルースパウダーを大き目のブラシにとり、よーくぼかします。

これはバッフィングというテクですが、とても重要です。
丁寧に細かく鼻全体にブラシを丸く動かすのがコツです。

こんなことしたら、せっかくいれたシャドウとハイライトが台無しになるんじゃない?
そう思いますよね?
でも、一度騙されたと思ってやってみてください。

シャドウとハイライトが肌に馴染んで自然になり、鼻が目立たなくなります。
しかも肌に透明感が出てキレイに見えますよ。

鼻を小さく見せるためのメイクまとめ

鼻を小さく高くみせるメイク方法をお伝えしました。

どれも簡単にできることばかりですので、是非やってみてくださいね♪

コンプレックスを解消して笑顔で楽しく過ごせますように~!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク