お中元は結婚したら親に送る?実家と義実家に送る際の相場等まとめてみた。

   

252564

お中元の季節ですね。

ところで・・

結婚してはじめてのお中元。
あなたは、悩んでいます。

『実家や義実家へお中元って送るものなの?
送ったほうがいいっていう人もいるし、送らなくてもいいって人もいる。
ネット上にもいろんな意見があるけど、実際はどっちだ?

はじめてだからよくわからないんだけど、マナー違反にならないようにしたいな。

どうしよう?』

結婚して最初のお中元って悩みますよね。
今回は、親に送るお中元問題について詳しくまとめました。

スポンサードリンク

お中元は結婚したら親に送るものなの?

お中元、実家や義実家の両親にも送りものをしたほうがいいのか、悩みますね。

これは、単刀直入に言うと家によります。
その家その家で、どういうやり方でされているかは違います。
もっというと、ひとりひとり感じ方や考え方は違います。
だから、一概に送らなければいけないとも、送ってはいけないとも言えません。

ですが、結婚してはじめてのお中元は実家と義実家両方に送ることをおすすめします。

お中元は、日頃お付き合いのある人に対して、感謝の気持ちをあらわすために送るものです。
ですから気持ちが一番大切ということになるのですが・・

実際にどんなことに気をつければよいのか、どんなケースがあるのか詳しく見ていきましょう。

実家や義実家にお中元を送るか送らないか問題

まず、実家や義実家にお中元を送り合う習慣があるかを考えてみてください。
これは家庭によって様々です。

お中元の習慣のない家庭

最近では、お中元やお歳暮などしない家庭も多くなっているようですね。

あまり形式にこだわらず、普段は手土産やメール、電話でお付き合いをするというケース。

お中元は、送られたら送り返すものだし今年は送って来年は送らないというわけにも行きません。
だからやり方によっては、送ることがかえって負担になって気を使わせてしまう場合もあるわけです

また、人によっては『お中元は他人同士のお付き合いで送り合うものだから、そんな他人行儀なことしなくていいよ』という声もよく聞きます。
『親子なんだし、身内なんだしそんな気を使わないで・・』という考え方ですね。
その気持ちもよくわかります。

お中元を送り合う習慣のあるご家庭

お中元を送り合う習慣のある家庭もありますよね。
家族間でも毎年やり取りをしているという場合。

こんな家では、お中元を送っても喜ばれますし逆に送らなかったらカドが立つことも・・

旦那さんがなにもしなくてもいいよ~っていう場合は?

きちんと季節のご挨拶をしてほしい!というご主人もいます。
でも、一番多いのは『しなくていいんじゃな~い?
別にいらないよ~』っていう考えの旦那様。
でも、奥さんとしてはなんとなく納得出来ない・・・

これ!ほんとに多いんです。
夫の考えに従うことも大事です。
が、なにもしないままだと『気がきかないお嫁さん』って思われることも・・

実家にしたら義実家にもすること!

片方の親にだけお中元を送ることは避けましょう。
なにかとトラブルのもと
片方の家に送る時は、もう片方の家にも送ってください。

基本義実家のやり方を優先しよう

お中元などの慣習は義実家のやり方を優先しましょう。
もし、義実家のご両親がいらないよ~といった時にはどうしよう?

『気持ちですから・・
普段お世話になっているのだから、これくらいはさせてください^^』

と、言ってお渡しするといいですよ。

もし、お中元の習慣がなかったり気を使わせたくない場合はのしを付けずにお送りするものおすすめです。

日頃の感謝のきもちをあらわすための贈り物には変わりません。
気を使われるご両親でも、のしがなければ無理してお返しをと考えることもないでしょう。

手土産として持参する

もし直接家に顔を見せに行くことができるなら、手土産として持参してもよいでしょう


スポンサードリンク

お中元を親に送る場合の相場は?

お中元を実家や義実家に送る場合の相場は、2000円から3000円です。
あまり高額のものを送っても気を使われるといけません。
また、結婚したばかりでしたら経済状況に応じて1500円から2000円でも大丈夫です。

実家と義実家に送るものは同額程度になるようにしましょう。

のしはどうする?

先ほどお話したように、送る相手のやり方を考えてのし有り、のし無し、一番しっくり来る方を選んでください。

もし、のしを付ける場合は蝶結びの水引に、表書きは『お中元』名前は苗字を書きます。

お中元を親にも送るのかまとめ

お中元は、実家や義実家にも送ることをおすすめします。
送る場合は、その家のやり方に合わせて、失礼がないようにしましょう。
また、形式にこだわりすぎてかえって気を使わせてしまいそうな時には、のしをつけず手土産として持参するのもいいですよ。

お中元は、日頃の感謝をお伝えできるよい機会です。
これからよいお付き合いを続けていくためにも、是非参考にしてみてくださいね♪

スポンサードリンク

 - 年中行事 ,