人混みで疲れるのはなぜだ?病気?人酔い苦手な人にも出来る対策まとめ

お祭りなどの人混みへ行くと人に酔ってしまうこと、ありませんか?

人がたくさんいるところに行くとなぜかとても気分が悪くなる、人酔い。

『なんでなるのかな?
これって病気なの?
人酔いをしないためにできる対策を知りたい!』

そんなアナタのために今回は人酔いの原因と、私がやって効果のあった対処法についてまとめました。

スポンサードリンク

人混みですごく疲れるのは何故?

人混みですごく疲れて具合が悪くなってしまう、つらいですよね。

私も、人のたくさんいる所に行くとどうしても具合が悪くなってしまいます。
だから、人混みがありそうな所に行くのがとても苦手・・・

人酔いをすると、くちびるやオデコがなんとも形容しがたい変な感じになってきます。
それで、『あ、まただ・・』と。
だんだんと冷や汗が出てきて、手足が冷たくなり吐き気がしてきます。
フラーっと倒れそうになったり、実際に吐いてしまうことも・・

これが人酔いとよばれる現象です。

人酔いの主な症状はこちら

めまい
きぶんが悪くなる
とても不安になる
冷や汗
頭痛
ぐったりする
吐き気
嘔吐

アナタも人酔いするタイプだったら、経験があるかと思います。
ほんとにつらいですよね。

人酔いはどうして起こる?

人酔いが起きる理由にはいろんな説があります。
いくつかの原因が重なっている場合がほとんどです

ストレス
お酒を飲んでいる
寝不足
疲れている
不安がある

こんな時は人酔いも激しくなる事が多いです。

自律神経の乱れ

人酔いは、迷走神経というものの不具合で起こるという説があります。
迷走神経というのは、交感神経の一部で自律神経の乱れによって起こるという説です。

船酔いや車酔いしやすい人も、人酔いしやすいようです。

感覚過敏

また、生まれつき五感の感覚のするどい人や感覚過敏の人は、周りの人が出す騒音や動きに敏感に反応し酔ってしまいます。

パーソナルスペース

人にはパーソナルスペースというものがあります。
それは、このくらい人との距離があると安心して過ごせるという距離感のこと。
人混みではひんぱんにそのスペースが乱されますから、脳にとってはかなりストレスになるようです。

脳が無意識のうちに周りにいる人達に反応して、とてもつかれるのです。

そのため知らない間に周りをキョロキョロと見回してしまうことも人酔いの原因に。

人混みで疲れるのは病気なの?

自律神経の乱れからくるものは自律神経失調症、そのせいでフラーっとなる事を血管迷走神経性失神と言います。
起立性調節障害や低血圧の人も人酔いのような症状がでることがあります。
広場恐怖症やパニック障害、うつ病の症状で人酔いがひどくなることもあります。
人混みの騒音や光が苦手なのは、感覚過敏の症状でもあります。

いずれにしても、その日の体調や気分によっては比較的良い日もあれば、悪化する日もありますね。

ちなみに、私の場合は生まれつきの感覚過敏があり、病院では自律神経失調症とも言われました。

人酔いの症状が激しくどうしてもツライ時には、病院へ行って相談されるといいですよ。


スポンサードリンク

人混みが苦手な人にできる対策をまとめました。

人混みが苦手とはいえ、どうしても出かけないと行けない時もありますよね。
そんな時に、簡単に自分で出来る対策をまとめました。

どれか一つずつ試してみてはいかがでしょうか?

リラックスする

人酔いは気持ちの持ちようとも言われることがあります。
もちろん『人酔い?そんなの気のせいだよ。気合いで治るよ!』っていうんじゃなくて(笑)
苦手だと思っている事に直面すると気が重いじゃないですか。
何度も人酔いで嫌な思いする経験を続けているとそれをがストレスになって考えているだけでもっと酔ってくるっていう・・悪循環におちいることがあります。

だから、呼吸法がなにげに大事だったりします。
落ち着くための呼吸法は効果的ですよ。

リラックスして、楽しい気分になれることを考えていると症状が軽くなることがあります。

メガネを外す

感覚過敏の私は、人がいっぱいいるといろんな色の服とか動きとか、細かい所まで見えすぎて酔っちゃうので、メガネを外しています。
コンタクトやメガメを外すと不便なこともあります。でも、酔ってしまうよりましなので、どうしてもヤバイ時は外してしまうといいですよ。
光が苦手な人は、サングラスもおすすめです

イヤホンですきな音楽を聴く

周りの騒音で人酔いがひどくなってしまう人は、イヤホンで好きな音楽を聴きましょう。

耳栓をする

音を遮断してしまうのも、結構効果あります。

ノイズキャンセリングイヤホンをする

これも、騒音からくる人酔い対策にぴったりです。

私が使っているのはデジタル耳せん。
人の声は適度に聞こえますが、他の様々なザワザワ音が消えます。
とっても便利ですよ。

キングジム/デジタル耳せん/MM1000シロ

キングジム/デジタル耳せん/MM1000シロ
価格:4,342円(税込、送料込)

ベルトをゆるめたり、ゆったりとした服で行く

服がきつかったりすると酔いが激しくなる傾向がある人にはおすすめです。
なるべくリラックスできる格好で行きましょう。

人を見ないようにする

人の動きや視線を見ないようにすると人酔いが和らぐことがあります。
少し遠くの空などを見ているといいですよ。

スースーするガムを食べる

だんだん気分が悪くなってくるのを防ぐ効果があります。

長時間同じ姿勢いる時は、立ち上がったり軽くストレッチしましょう。
手足を曲げのばしもいいです。

睡眠不足に気をつける

あまり寝ていない時って人酔いしやすいです。
できるだけぐっすり休んで、人混みにそなえましょう。

不眠症のために自分で簡単に出来る対策はこちらにまとめました。

疲れ過ぎないようにする

疲れていると、ひどく酔いやすくなります。

水をこまめに飲む。

脱水状態は人酔いの隠れた原因になる事があります。
こまめに水を飲むように気をつけましょう。

マスクにオレンジとか柑橘系のアロマを少し垂らしておく

気分をすっきりさせる効果のある、オレンジのアロマをマスクに少したらしておくといいですよ。
その他にも、好みでミントなどでもいいですね。

いよいよやばい!酔いそうだなと思ったら予定を変更して帰るのも大事です。

どうしても酔ってしまった時は、無理せず家に帰り横になってゆっくり休みましょうね。

まとめ

人混みでとても疲れてしまったり、酔いやすいのにはいろんな理由が重なっています。
自分で簡単にできる対策を是非試してみましょう。

人酔い対策をして安心して出かけられますようにお祈りしています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク