子供服の衣替えのコツは洗濯と収納にあり!

衣替えの季節ですね~!
うちには3人の子どもがいるんですけど、毎年この時期はカオスです・・
私も片付け苦手過ぎますし、暑かったり寒かったりで服がいつもの2倍に・・

『子供服の衣替えって途方に暮れるほど大変。
洗濯はどうすればいい?
子ども服を衣替えする時の収納のコツってあるの?』

今回はたくさんの子ども服を効率よく衣替えする方法をまとめてみました。
是非参考にしてみてくださいね♪

スポンサードリンク

子供服の衣替えのコツは?

突然ですが、私、家事全般が鼻血が出るほど苦手です!
中でも最強にニガテなのは、やっぱり衣替えですね。
特に子供服・・

コツをつかむまでは、ダンボールや衣装ケース45Lの袋など色々試しました。
でも、しまった後にカビっぽくなってしまったり、次に使いたい時に服が全然見つからなかったりで泣きたくなることはしょっちゅうでしたね。
なぜかサイズや性別の違う服がシャッフルしていたり・・
本当にイタかったです。

衣替えのコツはなに?

衣替えは段階的にしていきましょう

これは昔の話ですけど、長女が赤ちゃんの時のある日『よっしゃ~いっぺんにやってやっか~!』と気合入れて衣替えしたんですけど・・
季節の変わり目って気温の変化激しすぎます!!
だから、いったん衣替えが終わった中から何度もひっくり返してきてまた着せてってずっとやってました。
これは明らかに失敗ですよね。

いっぺんにしようとしてはダメです。
気温や天気をチラチラ確認しながら段階的にやっていきましょう

服が汚れてしまっていたりシミがあって、次の子に回せなそうなものはこの時点で処分していきます。

衣替えの時子どもの服は洗濯する?

衣替えの時は、まず一回洗濯をしてから収納しましょう
よく洗ってよく乾かすと、カビやダニ、シミなどができにくくなります。

一度、うっかり洗わずに収納していた子どもの服がありましたが、次開けた時にはホラーでしたからね。。

見えないタンパク質な皮脂などの汚れが残さないように、洗濯洗剤は弱アルカリ性の粉洗剤がおすすめです。
酵素配合のものを使って、1時間ほど浸け置きをしましょう。
その後洗濯機を回すと、しっかりと見えない汚れまで落とすことができます!

洗濯物がクサイ・・そんな時に出来る対策はこちらにまとめました

柔軟剤の強い香りが長時間たって変なニオイになってしまうことがあるので、私は衣替え前の洗濯には柔軟剤は使っていません。

よく乾かすことも大事!

生乾きのまま収納してしまうと、高い確率でカビがきます。
しっかりと乾かしてから収納しましょう。


スポンサードリンク

子供服の衣替え収納でおすすめの方法は

子ども服の収納でおすすめなのは、100均のビニール布製バッグとジップロックを使うこと。
コレを使うと、中身もぐちゃぐちゃになりません。
袋は丈夫でしっかりと立てて並べておくことが出来るので便利です。

以前は45Lのゴミ袋を使っていたのですが、中身がごちゃごちゃして見分けにくく、すぐに袋が破れたりするのがストレスでした。

必要なもの
マスキングテープ
ペン
服の大きさにちょうどよいジップロックなどの袋(100均にもあります)
100均のビニール布製バッグ

収納方法

①まず、収納したい子供服をよく洗濯し乾かしたら、同じタイプのものと一緒に仲間分けします。
下着・ズボン・長袖・半袖・トレーナーなど。

この時、セットアップや一緒に着せたい小物類やアクセサリーも同じ袋に入れるのがコツです。

例えば

水着セット・・水着・スカートタオル・帽子・ゴーゴル
浴衣セット・・浴衣・帯・アクセサリー

②ジップロックなどの密閉できるバッグに入れていき軽く空気を抜いていきます。
③マスキングテープを袋の上に貼り、服の種類を記入します。

例えば

『男の子・80・夏・ズボン』
『女の子・110・冬・トレーナー』

④空気を抜いたら、ビニール布製バッグに立てて収納していきます。

取り出しやすく、中身も見分けやすいですよ。

子どもの衣替えまとめ

子どもの衣替えは、段階的に様子を見ながらやっていくのがコツです。
収納方法は、ジップロックと100均のビニール布製収納バッグがでの収納をおすすめします。

是非参考にしてみてくださいね♪

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク