紫外線対策は食べ物でできる!シワやたるみシミも防げるよ。

      2016/04/19

7月のある日1

紫外線が気になる季節がやってきました。

『日焼け止めや化粧品だけじゃなく、食事でもしっかり紫外線対策がしたい。
紫外線のダメージを減らすのに効果のある食べ物ってなに?
紫外線によるシミやシワ、たるみを予防するのに効果的な食べ物が知りたい!!』

そんなアナタのために、今回は紫外線対策に効果のある食べ物をご紹介します!

スポンサードリンク

紫外線対策は食べ物でできる!

美白を目指す人も、そうでない人も紫外線対策は必要です。

紫外線は、しみやしわ、たるみなどの肌の老化の原因になるからです。

紫外線対策のために、日頃から日焼け止めを使い、日焼けしてしまったら保湿して肌の炎症を取りましょう。
また、日頃から基礎化粧品などのこまめなケアをつづけるのも大事ですよね。

今回はさらに、内側からのケアをご紹介。
はい、毎日の食事で超強力に紫外線対策をすることができるんです

食べ物は肌を作りますし、成分が内側から直接肌に作用するため効果はバツグンです。

どんな食べ物がいいの?

抗酸化作用のある食べ物

紫外線を受けるとお肌には活性酸素が発生します。
この活性酸素がお肌を傷つけてしまって老化の原因に・・・
だから、抗酸化作用のある食べ物で、この活性酸素の働きをおさえてあげましょう!

まずは、ビタミンやミネラル、タンパク質をバランスよく取ろう!

ビタミンEが多く含まれている食品

肌の炎症をおさえ、肌をなめらかにしてくれます。
基礎化粧品にもよくふくまれていますね。
ナッツ類はサラダのトッピングにしてもおいしいですね♪

ひまわりのたね
ピーナッツ
アーモンド
たらこ
ししゃも
など

ビタミンCが多く含まれている食品

ゴーヤやトマトはおいしいものが夏たくさん出ています。
フルーツと小松菜でスムージーにしてもいいですね♪

トマト
パセリ
レモン
ゴーヤ
小松菜
いちご
キウイ
ビーマン
など

ベータカロチンとビタミンAが多く含まれている食品

毎日の食事に取り入れられそうなおなじみの食品がずらり。
夏でも、しそなんかはちょっとプラスするだけでさっぱりいただけますね♪

人参
しそ
春菊
ニラ
焼き海苔
ほうれんそう
かぼちゃ
など

ビタミンB2が多くお含まれている食品

レバニラとか、わかめやしじみのお味噌汁とかどうでしょう?

レバー
ワカメ
干ししいたけ
のり
しじみ
アーモンド
サバ

ミネラルが多く含まれている食品は?

海藻類はミネラルが多く含まれていますね。

牛乳
ほうれん草
煮干し
わかめ
納豆
ピーナッツ
昆布
ひじき
など

タンパク質が多く含まれている食品は?

健康な肌を作るのに欠かせないのがタンパク質です。
毎日食事に納豆や冷奴など一品プラスするだけでも♪

たまご
お肉

豆腐
納豆
チーズ
など

紫外線によるシワとたるみを防ぐたべもの

特に抗酸化作用のある成分を取り入れましょう!
それが、植物や魚の中に含まれているいろんな色の色素です。

赤い食べ物や、茶色の食べ物、緑色の食べ物などいろいろありますよね。

このリストの中にあなたの好きな食べ物はありますか?
じゃんじゃか取り入れていきましょう♪

リコピン

トマトなどに含まれるあかい色素のことです。
この色素はすごい抗酸化作用を持っていて紫外線によるシワやたるみを防ぎます。
トマトのほかには、スイカやピンクグレープフルーツに含まれています。

とくに加熱したものをオイルと一緒にとるのをおすすめします。
トマトソースなんかいいですね!

カテキン

緑茶に含まれている緑色の色素。
カテキンの中でも一番効果が高いと言われているエピガロカテキン没食子酸塩。
このカテキン、なんと緑茶にたくさん含まれています!
効果は、なんとビタミンCの100倍、ビタミンEの25倍!

いつも冷蔵庫に緑茶を冷やしておいて日焼けが気になる夏の間は特に積極的に飲みたいですね。

ココアフラボノール

ココアに含まれている茶色の色素。

ココアに含まれているココアフラボノールは内側から肌を紫外線から守ってくれます。
また、肌の血行を良くし肌の弾力を増やして肌をなめらかにします。
さらに、保水力を上げてくれる効果も!

ココア好きには嬉しい効果ですね。
ダークチョコレートにも含まれていますよ。

アスタキサンチン

鮭に含まれている赤い色素。

紫外線は、肌の奥まで届いて肌の繊維をもろくしてしまい、結果としてシワやたるみが起こります。
アスタキサンチンはこの作用を抑制してくれますので、お肌のうるおいを守り、シワやたるみを防ぎます!

番外編

ターメリック 
カレー粉に含まれるターメリックにも抗酸化作用あり!

生姜 
紫外線によりエラスチンがよわくなるのを防ぎ、シワを防ぎます。


スポンサードリンク

紫外線によるシミ対策ではこの食べ物に注意!

ソラレン、フェオホルバイドa、ファゴピリンという成分があります。
これらの成分はなんと紫外線を吸収してしまい日焼けしやすくなります!
シミやそばかすの原因にもなってしまいますよ。

これらの成分が入っている食品は、なるべく朝ごはんやお昼ごはんに食べないほうがいいです。

外出中も、オレンジジュースやレモンジュースは飲まないように注意です!

ソラレンが多く含まれる野菜と果物は?

セリ、三つ葉、パセリ、レモン、オレンジ、いちじく、キウイ、きゅうり、人参、春菊など

朝サラダやフルーツで知らず知らずに食べてしまってそうですよね。気をつけなきゃ・・

あ、そうそう。
きゅうりやレモンなどをお顔に貼って使うパックはおすすめできません。
ソラレンが含まれているので、その後紫外線にあたってしまうと、なんとシミの原因になってしまいますので気をつけましょうね。

ソラレンが含まれているこれらの食品は紫外線対策に効果のあるビタミンCたっぷり!
だから、朝昼ごはんではなく夕食時に食べるのをおすすめします!

フェオフォルバイドが含まれる食品は?

アワビなど

ファゴピリンが含まれている食品は?

おそば

アワビはそんなに食べないかもしれませんが念のため・・(笑)
私もおそばはお昼によく食べていますから注意したいと思います!

食べ物でできる紫外線対策のまとめ

シミやシワ、たるみなど肌の老化の原因となる紫外線!
ビタミンやミネラル、タンパク質をバランスよく取ることで、体の内側から紫外線対策をすることが出来ます。
特に抗酸化作用の強い食品もご紹介しました。

毎日の食事でしっかり対策してこの夏も楽しく過ごしましょうね♪

スポンサードリンク

 - 美容 ,