赤ちゃんの災害時持ち出し用にミルクやオムツとコレを用意しよう!

   

イラストACラフ2

地震などの急な災害。
不安ですよね。

『赤ちゃんのための災害用持ち出し袋を準備したい!
どんなものを入れればいいのかな?
お湯が使えない時、ミルクはどうすればいいの?』

思い立った今、しっかりと備えをしておけばいざという時に安心です!

今回は、赤ちゃんの非常持出し袋に入れたほうがいいものと災害時のミルクや食事の用意の仕方をまとめました!
是非参考にしてください。

スポンサードリンク
  

赤ちゃんの災害用持ち出し袋を用意しよう

地震などの災害は、急に発生します。
そんな時でも赤ちゃんと安心して過ごせるように、災害の備えをしておきましょう。

さっそく本題ですが、持ち出し袋を準備する時に気をつけたいことがいくつかあります。

リュックで準備すること

赤ちゃんを連れて行くのに、手提げや旅行用バッグだと両手が使えません。
だから、大き目のリュックを準備してさっと背負えるようにしましょう。

できるだけ重さを軽くすること

緊急時に避難所などにスムーズに移動するための荷物です。
だからできるだけ重くならないようにしましょう。

赤ちゃんをしっかり抱いて行けるようにあれもこれもと詰めていると大荷物にならないようにしましょう。

水やお湯が使えない時の準備もすること

場合によってはしばらくは断水やガスや電気などが止まったりすることがあります。
水やお湯を使わなくても赤ちゃんの食事やミルクが準備出来るような用意をしましょう。

抱っこ紐は必要!

赤ちゃんをとっさに腕に抱いて行く時にも、抱っこ紐も持って行きましょうね。
避難所で赤ちゃんをずっと腕に抱いているとすごく疲れますので・・

災害時の赤ちゃんのミルクを用意しよう

赤ちゃんのミルクは最低3日分、できれば10日分は準備しましょう。

赤ちゃんのミルク・離乳食関係の準備するものリスト

水2L
哺乳瓶
粉ミルク・・キューブタイプのお出かけ用のものがおすすめ!
液体ミルク
紙コップ・使い捨てのスプーン等

ミルクを作るための水が必要です。
できれば除菌・滅菌済みの赤ちゃん用の水がいいです。
水は重たいので、リュックの一番下につめるようにします。

飲み慣れた哺乳瓶と粉ミルクを準備するのも大事ですが、万が一水道やガス電気が止まってしまった時のために、液体ミルクと紙コップの準備も忘れずに・・!

お湯が使えない・哺乳瓶の殺菌や洗浄が出来ない時のために

お湯を沸かせなかったり、十分に哺乳瓶を煮沸消毒出来なかったりすることがあります。

そんな時のために、液体ミルクがとても便利です
紙パックに入っていて開けてそのまま常温でのませることもできます。

普段から家に備蓄しておいて消費期限が来る前に、お出かけなどに持っていくようにするといいですよ。

哺乳瓶をキレイに消毒で来ない時には、使い捨ての紙コップを使ってミルクを飲ませましょう。

なかなか消毒できない哺乳瓶を使うより、こちらのほうがかえって清潔です。

授乳に使えるもの

使い捨ての紙コップや使い捨てのスプーンを使ってミルクを飲ませることが出来ます。
他には、プラスチック製のレンゲやドレッシングを入れておくためのちいさな容器も使えます。

コップ授乳・スプーン授乳の方法は?

首の座っていない赤ちゃんの場合

赤ちゃんを立て気味にして、首の後ろを片方のてのひらでしっかりと支えてあげます。

スプーンに赤ちゃんのミルクをすくって、赤ちゃんの下唇のそばにおきます。
ほんの少しだけ赤ちゃんのくちびるにミルクを触れさせてあげましょう。
赤ちゃんがミルクに気がついて少しずつ飲み始めたら、赤ちゃんのペースに合わせてゆっくりとミルクを飲ませてあげてください。

スポンサードリンク

コツは、赤ちゃんの首や体の角度はずっと一定にして変えないことです。

赤ちゃんが飲みながらこぼしたりする分には全然問題ありません。
タオルやティッシュなどを下顎の下にあらかじめ置いてあげるといいですね。
首やお洋服が濡れないように、ビニール袋をはさんであげても。

赤ちゃんのペースで飲みたい量を飲ませてあげましょう。

赤ちゃんの離乳食は?

赤ちゃんの離乳食も軽量化のために、水やお湯が使えない時のためにパウチタイプのものも準備しましょう。
最低3日分、できれば10日分準備しましょう。

パウチタイプだと、食器がなくてもそのまま準備し食べさせることができますし便利です。

食器には、紙コップが便利ですが、そこにさらにラップをしいて繰り返し使うといいですよ。

災害時の赤ちゃんのオムツを用意しよう

オムツを替えに必要なものを用意しましょう。

おしりふき

おしりを拭く時意外にも、入浴出来ない時に体を拭いてあげたり、手や足を拭いてあげたりすることが出来ます。
多めに入れておくととても便利です。

お湯を入れておしりにかけて洗える洗剤の空き容器など

長時間お風呂に入れないと、赤ちゃんのおしりがかぶれやすくなります
洗剤などの空き容器に少量ずつでもいいので水を入れてオムツ替えのたびに軽くおしりを洗ってあげるといいですよ。

おむつかぶれ用軟膏

いつもと環境が変わるので肌が荒れたりおしりがかぶれやすくなったりします。
普段使っているおむつかぶれ用の軟膏を少量詰め替えておくと安心です。

オムツ

オムツは、10日分準備しましょう。
急にお腹がゆるくなったりすることも考えられます。できれば多めに用意するといいですね。

使った後のオムツを入れておくための袋

大きなビニール袋は、ゴミを入れたりする以外にもとても役に立ちます。
半透明のものなら、授乳ケープの代わりにしたり、マット代わりや寒い時の毛布代わりにもなります。
窒息したりしないように気をつけてつかってあげてください。

ワセリン

環境の変化によって肌が乾燥しやすかったり荒れやすくなります。
ワセリンがひとつあると、リップ代わりやハンドクリーム代わり、ベビークリーム代わりになります。
また、鼻の中に少量塗布することでハウスダストや花粉症などのアレルギー対策にもなります。
アレルギーの鼻炎対策にワセリンを使う方法はこちら

綿棒・爪切り

お耳やお鼻のケアをしたり、爪のケアをしてあげたい時にあると便利です!

トイレットペーパー

芯を抜いてつぶしたものをひとつ準備しておくと、ティッシュ代わりに使えます。

書類

赤ちゃんが病院にかかる時に必要な書類一式を持って行きます。

母子手帳、健康保険証のコピー、乳児医療証のコピーなどです。

また、家族の名前、血液型、緊急連絡先などの情報を書いたものを入れておくといいです。

バスタオル

授乳ケープ代わり、毛布代わりになります。

おもちゃ

お気に入りのぬいぐるみや絵本、おもちゃなどを少しでも持って行ってあげましょう。
音が出ないものがベストです。

災害時の赤ちゃんのための持ち出し袋まとめ

赤ちゃんの非常持ち出し用の袋には、必要なものだけ入れてあまり重くなり過ぎないようにしましょう。
形はリュックがベストです!

普段から持ち出し袋を作っておくといざとなった時に安心ですね。

是非参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

 - 赤ちゃん ,