虫食い服の修理セーターやスーツ等の直し方教えます!防虫対策もこれでOK

お気に入りの服を収納から出してみたら虫にくわれていた!!
え!??かなりショックですよね・・・

私も大好きなシルクとカシミヤのニットの右のひじの所を虫にくわれてしまいました・・

虫に食われてしまったニット、どうすればいいの?
もう捨てるしかないの?

そんなアナタのために自分でカンタンに修理出来る方法をお伝えします♪

スポンサードリンク

虫食い服の修理はセーターやニットも自分でできる!

セーター類のちいさな穴なら、裏に布をはったりしないでも糸だけで補修できますよ。

必要なもの



ハサミ

使う糸で一番いいのは、服を買った時についてきたものです。
ちいさな袋に入って、布やボタン糸などがついてくることありますよね?
あれです。

・・もしかしてついつい捨ててませんか?私も以前は捨ててましたよ~!
『こんなのなんに使うんだ?』ってね(笑)

でも今では捨てずにとっておくことにしてます。
他の服の補正にも使えたりするんで何かと便利です。
付属の糸がない場合は、手縫い用の糸、ポリエステル製のミシン糸もOKです。

綿の糸はだんだんと引っかかるようになるのでおすすめしません
絹(シルク)の糸は切れてしまうことも・・

 

縫い方

まず、針に糸を通します。
玉結びをしましょう。

ここで虫食いの穴をよ~~く観察してみましょう。
ニットが編まれた方向はどうなっていますか?
その方向に合わせて縫っていきます。

どこの編み目とどこの編み目が編まれていたのかを見てみましょう。
編み目が大きい物ならわかりやすいけど、ちょっと細かい編み目が見分けるのが難しいかも・・

だいたいどことどこの編み目がつながっていたか観察し終わったらいよいよ縫っていきます!

ドキドキ・・指を怪我しないように気をつけてくださいね♪

縫い方

ニットの裏から糸を通して表に出します。
穴のフチにある編み目の一つに糸を通して、その編み目がつながっていたであろう所と縫い合わせていきます。

私はかかなり不器用なので、ココらへんかな?って思いながらだいたいで縫っていきました。

私の虫食いニットは黒だったんだけど、なかなか見づらくて・・
それでも、よほど変な所と合わせていかないかぎりは目立ったりしませんでしたよ。

編まれている方向にあわせて縫い合わせるのがコツです

全部の編み目が終わったら、おしまいです。

どうですか?うまくできたかな?

スーツ等の虫食いの直し方はパズル方式で!

大き目の穴が開いている場合や編み目が小さくてひろい合わせることが出来ない場合はこちらの方法をおすすめします。

ケミパウダーというとても便利なものを使います。

必要なもの

ケミパウダー
ハサミ
アイロンを当てる時に使う紙2枚(クッキングシートで代用OK)
穴をふさぐための布(服と同じ色のもの)
裏から補強するための布

修繕の仕方

まず、虫にくわれた穴をみてください。
いびつだったり、穴の周りがボコボコしてたりすると思います。

そこをハサミでキレイに切ってまるく広げます。
ちょっとドキドキですよね・・でも丁寧に少しずつ切っていけば大丈夫ですよ。

穴がぽっこりできましたか?
今度は、その穴にピッタリとはめ込む布を作ります。
布の方向をよく見てあわせましょう。

パズルのようにピターッと合わせられるように、ハサミで微調整してください。

次に、このパズルのピースと穴を後ろからしっかりと補強するための布を切ります。
この布は、穴よりも大き目の四角形がいいですよ。
ちょっとしたポイントですがこの布の四角形のカドをはさみでまあるく切っておくと後から剥がれてづらくなります。

それではいよいよ貼りあわせてみましょう。

アイロンと、アイロンと布の間に挟む紙を用意します。

まず、服を裏返してください。
そして、服の下にくっつかないように紙をはさみます。
この紙は、付属のものがなくてもクッキングシートでも代用できますよ。

穴に、パズルのようにピッタリに切った布をはめ込みます。
方向に気をつけて、ずれないように入れてくださいね。

今度は、そのパズルの布の上から、補強布の大きさに合わせてケミパウダーをパラパラとふりかけてください。
まんべんなくふりかけたら補強布をそっと置きます。

上にもう一枚の紙を置いてアイロンを動かさないようにして上からじっくりと押さえましょう。

あとは冷えるのを待って出来上がりです!

虫食いだけではなく子どもがズボンの膝の所にあけてくる穴にも使えますよ。


スポンサードリンク

服の今後の防虫対策もしておこう!

これから、虫食いされないために出来ることがあります。

よく洗ってよく乾かして、虫が入って来られないようにする!
これです!

皮脂汚れなど虫さんが大好きなので食べに来ます。
できるだけ汚れを残さないように洗いましょうね。

衣替えの時には、一度着ただけの服もしっかり洗います。

おすすめなのは、酵素の入っている洗剤に2時間ほどつけ置きすることです。
この時お湯の温度は40度くらいが効果的です。
つけ置きしたら後はいつもどおり洗うだけ!

しっかりと乾燥させた後、一度アイロンをかけると万が一いる虫の卵などをしっかりと熱で退治することができます。洗えない服にもおすすめの方法です。

私の場合、虫食いされてからはお気に入りのニットなどをジップロックの袋に防虫剤と一緒に空気を抜いて入れることにしています。

自分でできる虫食いの修理まとめ

キレイに補修出来ましたか?
この2つの方法でだいたいの虫食いは直せます!
が、高級なものやどうしても自分でじゃなくプロにお願いしたい大切な服は、専門家にお任せしましょう。
近所の補正屋さんなどにお問い合わせをしてみてくださいね。

不器用な私でもちょっぴり楽しくニットの虫食いを直す事ができましたので、是非やってみてください!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク