洗濯の時短のコツは干し方にあり!グッズはコレがいいよ。

   

211618

洗濯とか家事って時間がかかりますよね~。
お洗濯は毎日することだけど、できるだけ効率よくして家事以外にも使える時間を少しでも増やせたらステキです!

洗濯の行程の中には時間を短くしてもいい部分と、ここは省略したらマズイという部分があります。
ちゃんとキレイに洗い上がってしっかりと時間も出来る!

今回は、そんな洗濯の時短のコツと便利グッズをお伝えします♪

スポンサードリンク

洗濯の時短のコツってなに?

毎日大忙しのママにとって、家事の時間はできるだけ効率よくしたいもの。
洗濯の時短のコツは、省略してもいい部分と省略しない方がいい部分をよく見分けることです。

洗濯の行程のどこを効率化する?

洗濯の行程は大体こんな感じ♪

仕分け
洗い・すすぎ・脱水
干す
取り込む
たたむ

まず、色落ちが気になる人は、色物と白物を分けますよね。
仕分けの時にコレを洗濯カゴの代わりに使うとそのまま洗濯機の中にポーンと入れて洗えます。

ズボラーネット バッグ型 大(1枚入)
価格:831円(税込、送料別)

洗い・すすぎ・脱水の時間は省略しないこと

洗う時間が短すぎたり、すすぎが足りなかったりするとキレイに汚れを落とすことが出来ません。
以前、私も時短しよう!と意気込むあまり、洗いの時間も短くしてすすぎの回数も1回にしていたことがあります。
でも、だんだんと洗濯物のニオイに悩まされることになり、逆効果でした!

クモリの日や雨で部屋干しする時には、脱水の時間を長めに設定したほうがかえって早くかわいてくれて時短になります。

自分の洗濯機でしっかりと洗える時間、しっかりとすすげる時間を見極めてむやみに減らさない方がよいようです。

干すスピードを5倍速にする!!

洗濯が終わったらいよいよ干して行きます。

まず洗濯物を仕分けしましょう。

くつした
タオル

子どもの服(上)
子どもの服(下)

大人の服(上)
大人の服(下)

下着
ハンカチなどの小物類

仕分けをしてから一気に干したほうが時短になります。

洗濯干しの時短の裏ワザ!!

うちはタオルや子どもの下着やキャミソールなどはタコ足に干します。
子どもの服(上)や子どもの服(下)も、タコ足です。

タコ足に干せるものは全部一度腕に通してしまいましょう。

スポンサードリンク

洗濯物を利き手と逆の手にかけていきます。
タオル、子どもの下着、キャミなども腕にガンガン通します。
これ以上通せない!ってなるまで腕に通しまくりましょう!
最初のうちは重過ぎて腕が筋肉痛になるかも・・w

腕に装着し終わったら、意を決して立ち上がりタコ足に一気に移し替えていきます。

この方法を採用する前は、私はいちいちしゃがんで一枚ずつひろってはタコ足に通してたんです。
屈伸運動にはなりますけど時間がすごくかかります。

腕にはじめに一気に通してガンガン移していく方法は、びっくりするくらい高速で干せます。

子どものTシャツなどは、首のところから手をいれるようにして腕に通しておくといいですよ。
感動するくらい干すのが楽です!

靴下やハンカチなどはピンチハンガーに干しますが、こちらも一気に全部手に持ってから干していきましょう。

大人のボトムスなど干す時にも、腕に全部かけてからです。

洗濯物たたみを時短する究極の方法

うちは、洗濯ものは基本たたみません。
たたまないから、その分時短できます。

トップスはクローゼットに乾いたらそのまま移すだけです。
ボトムスはズボンハンガーに移し替えるだけです。

子どもの服は軽く折って衣装ケースから引き出しだけ取り出したものに入れておいたり、
子供用のハンガーにかけてクローゼットに収納します。

洗濯が時短出来るグッズはコレ!

洗濯を取り込む時に、ひっぱるだけで洗濯物が外れてくれるピンチハンガーはすごく便利です。
これにかえてからはかなり洗濯物の取り込み作業が高速だし楽になりました!

洗濯の時短のコツと便利グッズまとめ

洗濯ってすごく時間がかかります。
でも、ちょっとした工夫で楽しく時短が出来ます♪
時短のコツを探しながらするのも楽しいですね。

昨日より今日!今日より明日!
あなたの洗濯がどんどん高速になりますように♪
私も一緒に頑張りますっ!

スポンサードリンク

 - 生活 ,