手のひらと指の水泡のかゆみは主婦湿疹なの?原因がわかったら治ったよ!

手のひらと指の間にできる水泡・・
ち~いさいのがひとつ出来ただけでもかゆすぎて、たまりませんよね?

私も夜中に何度もかゆみで目が覚めてボリボリかきながら、泣いていました!
主婦に多いと言われるこの指の水泡は、主婦湿疹とも呼ばれます。

手のひらの水泡の原因ってなんなの?
洗い物とか毎日してたらだんだんひどくなるのはわかっているけど、家事をしないわけにはいかないし・・・
病院へ行って薬を塗れば一時的にはちびっとはよくなる。
でも、すぐにまたぶり返す。なにこのネバーエンディングカユミ。

どうすればよくなるのかな?
本当に知りたい・・

そんなアナタのために、今回はこのかゆいかゆい手のひらと指の間にできる湿疹の原因や私の経験談、すっかり治すためにはどうすればいいのかをまとめてみました。
是非参考にしてください!

スポンサードリンク

手のひらと指の水泡のかゆみは我慢できないよね???

私が手湿疹と言われる手の痒みを経験したのは、子どもが生まれた頃でした。
慣れない育児と、その当時挑戦しようとしていた布オムツ洗いで、手がだんだんとボロボロになっていきました。

もともと汗っかきで肌も弱い方だったので、子どもの頃からぞうきんを絞ったりすると、ぷつっとできていました。

なにしろ、この指の間にできるぷつっとしたものがかゆくって、やぶれたらよけいにかゆくって!!
それがどんどん増殖していく!

もう、こんなにひどいカユミを経験したのは初めてだったのでかなりビビりました。
そのうちだんだんと水泡の数が増えていって、手がボコボコに・・・
ツメもボコボコに・・・

しみるしイタイ!でも、かゆい!!
ヤバイな~と思って病院へ行っても、薬をもらってまたぶり返しての繰り返しでした。

その当時の写真やDVDを見ると、いつも綿の白い手袋をしていますね。
はい、あのミッキーマウスがするやつです・・w

食器洗いの洗剤がいけないとか、シャンプーもしみるとかで、ビニール手袋をしたりしました。
この手袋がまた・・汗もたまるし・・カユミを増大させてね・・

本当に泣きたいよね・・

手のひらの水泡と主婦湿疹を治すには、こうしよう!

このかゆい水泡と湿疹を治すには、手を刺激物に触れさせないことです。
実は、水も刺激になります。
できるだけ避けましょう。
手洗いも避けて、綿の手袋を用意してなんども替えましょう。

手をしっかりと保護して刺激物に触れさせなければ治ります。
なにに触れさせないかというと、なんにも触れてはいけません。
空気以外。

常に、手袋してください。
普段は綿の手袋。
お風呂や洗い物で手が濡れてしまう時は、ゴム手袋かビニール手袋。
(ちなみに漁師さんが使うニトリル手袋はほんとに破れません!オススメ!)

私がやってみて、すごく効果のあった方法は・・?

それは、ワセリンです。
手あれの時とかにヌリヌリするアレです。
え?ワセリンくらいで治ったらこんな苦労はせんわ。
と私も最初はあなどっていました。
が!!どうやら、ワセリンはワセリンでも塗り方が大切なようです。

スポンサードリンク

ワセリンをどうやって塗ればいいの?

ワセリンは、異常かと思うくらいたっぷり目にとってください。
量が大事です。

さくらんぼでいうと6個分くらいですかね!
9個でもいいくらいです。
どっさりと手にとったらそれを、両手にこれでもか!というほど塗りこんでいきます。
すり込んでいきます。

マッサージと思ってしばらくやってくださいね。
5分位がいいでしょう。
指の間や、ツメの周り、手のひらや手の甲まで。

そしたら、今塗ったワセリンをすっかりティッシュで拭きとります!
なんで、せっかく塗ったのに、全部ふきとるのかというと・・
ワセリンで手の表面にあるシワや傷の表面をおおってあり、ティッシュでふきとっても大丈夫なのです。

全然ベタベタを感じなくなるまで完全に拭きとってしまってOK!
これで、見えない膜ができました。

できるだけ常に手袋をつけることと、このワセリン塗りを朝晩欠かさずすることで完治する人も多いです。
が、私の場合は、もう1つ手湿疹の原因がありました。

手のひらの水泡やカユミの原因が意外なものだった!

主婦になって家事をたくさんするようになってから一気にひどくなった私の手湿疹。
が、大きな原因はもうひとつありました。

それは、歯科金属です。
そうです、私、金属アレルギーだったんです。

色々と調べているうちに歯の治療につかっている金属が手や足の湿疹の原因になることがあるのを知りました。
皮膚科のパッチテストでは、たくさんの金属に反応があり・・

歯医者さんへ行って、口の中の金属をすべてはずしてもらいました。
金属でない他のもので治療すると保険が効かないので、目玉が飛び出るくらいお金がかかりましたけど・・
あんなに酷かった手のひらと指の湿疹が治りました。

歯の金属をとったらすぐに治ったわけではなかったですけど、3ヶ月後にはかゆみも湿疹もなくなっていました。

いまでは手袋をしなくても洗い物が出来るまでに・・(涙)
本当に長い道のりでした。
発症してから7年くらいかかりましたよ~!

あなたも、ワセリンや手の保護などをしてもいっこうに治らない場合は、皮膚科にいって金属アレルギーの検査をしてもらうのをおすすめします!

手のひらと指の水泡のかゆみのまとめ

手のひらと指のかゆみの原因はいろんなものが合わさっています。
私の場合は、肌や弱かったこと、汗かきだったこと、家事でたくさんの洗剤を触っていたこと、それに金属アレルギーだったこと。

そんなことが重なって、どろどろに腫れ上がった主婦湿疹になってしまいました。

ワセリンでみえない保護膜をつくること、完治するまで何にもふれさせないことが治すためのポイントです。
他には、かくれたアレルギー(金属アレルギー)がないか調べるといいでしょう。

家事や普段の生活が傷とかゆみで大変になってしまうこの手湿疹、早く治りますように。
少しでも参考になれば嬉しいです♪

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク