夏に脇の下の汗でかゆみ出る人へ!あせもはコレでぴたりと治ったよ。

      2017/08/10

hot

夏ですね。
暑いですね。
汗をたくさんかく季節になりました。

私、すごく汗っかきで、夏になると特に困ります。
肌も弱いせいか、汗をかくとかゆくなってしまうんですよね・・!!

脇の下に、かゆいかゆい汗疹やブツブツが出来てしまい、病院へ行って薬をもらいます。
が、なかなか良くなりませんでした。
できるだけ清潔にして、よく汗をふくようにしていましたがいっこうに効き目はなし~~~!!

脇の下に汗をたくさんかく。
あせもが出来てかゆい!!
いろいろやってるけど、なかなかよくならない!
どうすればいいのかな?

そんなあなたのために、今回は脇の下のあせもに効く方法をまとめました。

私もこれから紹介する方法で、今では、ピタリとあせもができなくなりました♪
色々試した中で今はコレに落ち着いた・・というものです。

是非参考にして、あなたもかゆみから開放されてください♪

★こちらも見るべし!!★
解決法がきっと見つかる!汗の悩みの人気記事ランキングこちら

スポンサードリンク

夏の汗のかゆみで脇の下が大変なことに・・・

暑いですよね~!
この暑さでたくさん汗をかいて汗にかぶれてしまっていませんか。
肌の弱い人にとっては、汗をかくことも肌には刺激になります。

いったんアセモができてしまうと、かゆみのせいでかいてしまってなかなか傷が治らなかったり、黒ずんだりしてしまうことも・・
かゆみがあっても、汗はかくわけでなかなか完治させるのが難しいですよね!
本当にやっかいです。

特に脇の下は皮膚が薄く、かぶれやすいんです。

脇の下の汗のかゆみをよくするにはどうすればいいの?

汗が刺激になって脇の下がかぶれてしまい、そこからあせもがはじまってしまいます。
かゆみは相当つよく、掻けばかくほどひどくなってしまいますね。

まず最初にすることは、脇をこまめに洗いましょう。
石けんはボディソープよりも、刺激の少ない無添加石鹸がおすすめです。

汗をかくたびに、汗の成分をしっかりととってあげたいです。
朝起きた時や、夜に洗いましょう。

もちろんタオルでふくときにも、ゴシゴシせずに、やさしく拭いてくださいね。

あせもやかゆみのある時に、脇の下に制汗剤をつけてもいいの?

汗をたくさんかくと、ニオイが気になりますから制汗剤をつけたい気持ちはよくわかります。
でも、制汗剤をつけるとかえってかゆみのもとになります。
あせもが治って脇の下が元通りになるまで、制汗剤の使用はやめましょう。

ブツブツや赤みある時には、制汗剤が刺激になってしまいます。
私も何度も治りかけのあせもが制汗剤をつけることで悪化してましたよ~~
しみるんですよね~!!涙

汗のニオイが気になる時はどうすればいい?

脇の下のかゆみがあっても汗のニオイが気になる時ありますよね。
一番いいのは、洗うことなんですが、日中はなかなかできません・・

そんな時には、消毒用アルコールを薄めたものをコットンやテイッシュにとり、やさしく拭くといいですよ。
日中でも、この方法だとカンタンにさっぱり出来ます!

脇を拭き取るためのスプレーの作り方

水50ml
消毒用アルコール50ml

スプレーボトルに入れてよくふったら出来上がりです。
これを持ち歩き、ティッシュなどにスプレーして、脇の下を拭いてください。

スーッとして、汗の臭いも気にならなくなりますよ。
もちろんアルコールにアレルギーのある人や肌に合わない時にはひかえてくださいね。

脇のあせもは、汗をかき続けることで悪化します。
脇の下を乾燥させることが、はやくなおるためにはなりより一番大切です。


脇の汗であせもができなくなった方法

私も毎年暑い季節になると、かなり汗疹に悩まされてきました。
が、今ではまったく、あせもができなくなりました!!

え?どうやって?と思うでしょ?
脇の下のあせもを予防するには、脇の下にあせをかかなければいいんです!

スポンサードリンク

脇の下にあせもが出来る前に予防しよう!

夏の特に暑い時期、脇の下が常にあせを書いている状態があせもを起こす原因です。
ワキのあせもを長引かせないためには、皮膚についた汗をとって、なるだけワキに汗をかかにようにすることです。

これ、ほんとジレンマなんですが、制汗剤自体はあせもを刺激し、悪化させます。

だから、汗をかきはじめる前に予防的に使用をはじめるのが最大のコツなんですよ。

私が使っているのは、デトランスαという制汗剤なのです。
外国ではお医者さんが処方するほど効き目のあるもです。

んまあ、びっくりするほど効きます!

コレを使ったら、脇の下がずーっとサラサラ。
あせもにもま~ったくならないし、かゆみもなし。

本当に画期的です。

ただ、効くだけに使い方にコツがあります。

デトランスαを使ってかゆみが出ないように工夫する方法はこちらにまとめました。

私の場合、すご~く肌が弱いですから特に気をつけて使っています。
しっかりポイントをおさえれば、このお肌弱々な私でもデトランスαを使用してかぶれることはありません。

デトランスαであせもを予防する方法

梅雨のすこし気温が高くなる時期に、始めるのが一番いいです。
ですが、あせもをしっかりと治療してからならいつからでも使えます。

デトランスは、汗をかいてからじゃなくて、汗をかく前に使うと汗がピタリと止まります。
今あせもがある人は、あせもが治ってからこれを使いはじめるといいですよ。

夜お風呂からあがって、涼しい所で使います。
リラックスして汗がガンガンでていない状態がベストです。
汗が出ている最中につけても、汗で流れて効果が期待できません。 

脇の下にデトランスαをぬります。
ロールオンになっているのでカンタンに塗ることができます。

量は多くなくてだいじょうぶです。
脇の下がほんのり濡れる程度ですね。
最初は、コレ少なすぎるかな?足りてるかな?と思うくらいがちょうどいいです。
というのも、この制汗剤はけっこう強力なので、最初のうちは特につけすぎるとかぶれてしまったり、かゆみがでてしまったりします。
うす~くつけるくらいがおすすめです。

脇の下に塗り終わったら、ドライヤーや扇風機の風で脇の下をしっかりと乾かします。
ここがかなりポイントです!
手のひらでちゃんと全体的に乾いているか、確かめましょう。
すこしでも水分が残っていたら、肌かぶれたりかゆみが出ることがありますので、念入りに乾かしてくださいね。

夜はそのまま寝ます。
次の日の朝に脇の下を石けんでしっかり洗い流してください。

汗を止める成分は、汗が出る出口のところにしっかりセットされています。
肌の表面についている分は、かぶれの原因にもなりやすいので洗い流しましょう。

一日過ごしてまだ汗が出る時は、次の日の夜も同じように繰り返してください。
一日中汗をかかずに、サラサラで過ごせるようになったら、もう塗らなくて大丈夫です!

私の場合は4日から1週間くらいは、塗り直さずに効果が続きます。
少し汗をかくようになったかな~?と感じたらまた夜に塗ってくださいね。

この方法で私は脇の下のあせもができなくなり、汗の悩みからも開放されました。
昔はあせもをどうやって治そう?と四苦八苦していたのに・・

あせもができなくなるなんて、最高です!

脇の下のあせものかゆみ対策まとめ

あせもが出来てしまったら、刺激を避けるためにできるだけ脇の下の汗を洗い流してください。
ボディソープより無添加石鹸がオススメです。
あせもが治りきるまでは、制汗剤を使うのもしばらくお休みしてください。

あせもがすっかり治ったら、デトランスαで予防することが出来ますよ。
あせも予防にはこれが最強です!

★こちらも見るべし!!★
解決法がきっと見つかる!汗の悩みの人気記事ランキングこちら

スポンサードリンク

 - 汗の悩み ,