包丁の研ぎ方は簡単!ステンレスでもコツをつかめばOKだよ~!

毎日台所でつかっている包丁。
いつも使っているとなかなか気が付かないんですよね・・。
が、知らず知らずのうちにだんだんと切れ味が悪くなってきます。

うちも、新婚さんの頃に実家の母が来て私の包丁を使って
何この包丁!!全然切れんやん!!
と、びっくりされたことがあります。

切れない包丁って無理な力を入れないといけないので、ケガの原因になっることもあります。
材料が切れづらくて、料理するのもおっくうに・・

気持よくスパっと切れる包丁で、気持よく料理したいと思いませんか?

とは言え、包丁を研ぐってなんだかハードル高すぎ!!

包丁が簡単に研げる方法ってあるの?
私は初心者ていうか、包丁をいまだかつて研いだこともないんだけど・・
道具とかどうすればいいの?
ステンレス製の包丁って研ぎづらいらしいけど、大丈夫???

そんなあなたのために、包丁を自宅で簡単に研ぐ方法をお伝えします。

スポンサードリンク

包丁の研ぎ方は簡単じゃないよね??

包丁の研ぎ方ってすごくハードル高いと思いませんか?
ね、包丁を研ぐだなんて、私は子供の頃テレビで見たヤマンバくらいしかわかりませんでしたよ・・w

よく100均とかで売ってある簡易包丁研ぎってあるじゃないですか?
あれって、私も何回も試しましたけど、切れるようになった!研げた~!って思ったこと一回もありません。

簡易包丁研ぎは、包丁の先に細かいギザギザをつけているだけなんです。
それで、ちょっとばかし材料にひっかかりをよくする程度のもの。

おばあちゃんの知恵袋的な方法で、お皿をひっくり返して裏の下駄の所で包丁を研ぐといいっていうのもありますけど、気休め程度しか効果がありませんよね。

包丁を研ぐ時におすすめなのが、砥石を使う方法です。  

と、といし?なにそれ・・?!
ますます難しそう・・

と尻込みをしているあなた。

そう、なんだか難しそうですよね。
でも、ちゃんとした道具を使えば、どんな包丁でもしっかりと研ぐことが出来ますよ。

包丁の研ぎ方はステンレスは難しいって聞くけど・・?

ステンレス製の包丁の刃は、砥石で研いでもなかなか研げている実感がなく、お手入れが大変だと言われています。
でも、こんかいオススメの砥石を使えば、研ぐのは難しいとされているステンレスの包丁でも大丈夫ですよ。

砥石を準備しよう。

砥石にもいろんな種類のものがありますね。
ホムセンにもあるし、スーパーや100均にもあるんですが・・

どれを選べばいいんだろう?
砥石には種類がたくさんあります。
素材や粗さなどいろいろ違います。

番号があって番号が小さいほうが粗く、番号が大きくなるにつれてきめ細かくなります。

砥石を使う時には、粗いものからはじめて、だんだんとこまかいものを使っていきます。
昔使ってませんでした?
つめみがき。

ガサガサしたものから始めて、だんだんとなめらかなものを使って最後にはツメがピカピカになるっているアレです。
そう、あれと同じ原理です。

スポンサードリンク

だからといって家庭用の包丁を研ぐのに何枚もの砥石をそろえる必要はありません。
商品によって品質もピンきりですし、色々試してみるとお金かかります。

一番おすすめの砥石は?

色いろあるなかでも、『シャプトン セラミック 砥石 M5#1000』がおすすめです。



こちらの砥石は、他のものに比べても素早く良く研げるとネット上でも評判です。
水に漬け込む必要もなく、すぐに使えて便利です。

包丁の研ぎ方のコツは?

包丁を砥ぐために、砥石を用意した!
次はどうすればいいんだ??

さっそく包丁を研いでみましょう。

砥石の下に濡らしたタオルかふきんを置きます。
砥石がすべらないようにするためです。

そしたら次に、砥石に少し水をつけて研いでいきます。

包丁の角度はどうすればいいの?

包丁の角度は、15度がいいです。

15度?はあ。わかるようなわからないような。
しかも、この角度を絶えず変えずに研いでいかないといけません。

そこでおすすめなものがあります。
『清水製作所 庖丁とぎ角度固定ホルダー スーパートゲール』です!
ネーミングがたのもしいです!
こちらを包丁にセットするだけで、15度の角度を保ってくれます。

はじめて包丁を砥ぐ時に何が難しいかって、この一定の角度をつけて砥ぐのが難しいんですよね。
でもトゲールさえあれば、誰でもカンタンにできます!

トゲールを装着したら、一定の力で研いでいきます。
押す時と引く時、それぞれ同じ力でやりましょう。

一箇所ばかりを研いでしまわないように、包丁の大きさによって3分割から2分割しましょう。

一箇所30回ずつ、やっていきます。
片面が終わったら、反対側も。

刃先のするどくなっている部分が、片方にたおれてきます。
それを、カエリといいます。

カエリをとればおしまい。

カエリをとる方法は、倒れている側からかる~くやさし~く3回位研いでください。

倒れがなくなれば、完成です!

実は楽しい包丁研ぎのまとめ

包丁研ぎって、やってみるまでは難しそうなんですが、実はすっごく楽しいですよ!
砥石とトゲールさえあれば、気になった時にすぐ包丁を砥ぐことが出来ます♪

一回やれば、すぐにコツが掴めると思います!
よく切れる包丁で楽しくお料理できますように~!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク