ADHD 片付けの工夫とコツ!

      2016/10/24

—«”¼ƒYƒ{ƒ“_ƒjƒRƒjƒR

部屋の片付けに苦労していませんか?

ものをなくす。
ものが多すぎて、よく壊す。
どこに何があるかわからなくて、永遠に探しものをしている。
いつも遅刻しそうで、あわてている。

ADHDの日常って本当にカオスですよね。

発達障害当事者の私も小さな子どもの頃から、もう何回勉強机に雪崩が起きたことか・・

いつもかたづけなければ!!!とは思っているけど、すぐに部屋が散らかってしまう。
時々はっとして、部屋を見渡すと、部屋全体がすごいことになっている。

そんな私がこれまでにやってみてよかった工夫とコツをまとめてみました。

ADHD主婦の家事の工夫【洗濯編】はこちらです

スポンサードリンク

ADHDは片付けができないって言うけれど・・

私は小さな頃から、本当に片付けができなかったです!!
ADHDの人は、巷の本とかよくある収納法とかを実践するだけでは、なかなか片付けができるようにはならないんですよね。

それは、脳の特性が一般的な人と違うからです。

どうすれば、片付けられる?

ものを減らすことです。
そうです!これが大変なんですよね。

いつか使う!何かに使えそう。
なんか好き。大事!!!

そう思ってしまいますよね。

でもADHDの人は一般的な人たちよりも、もっともっとモノを管理する能力がありません。
だから、ものを減らすのはADHDの片付けには必須です。

私がはじめてものを減らした日。
意を決して、モノを捨てまくった日。

本当に、本当に悪いことをしている気分になりました。
なんか、つらくてつらくて・・泣いていました。

人に言わせたらゴミかもしれないけど、でも、やっぱり私には大事~~!!

でもね、その一回の捨ての後、捨ての耐性がつきましたよ・・w
前ほどモノを捨てるのが嫌ではなくなったんです。

物を減らして過ごすと頭の中がとても楽になったんですよね。
それに、ものがないと、散らかりようがありません。

これは、びっくりするほど本当です!!!

ADHDの片付けの工夫

ものの定位置を決める。
ものの定位置を決めると、片付けるのがすごく楽になります。
ものに住所を決めるんです。

それも、ポンポン投げ込めるくらい簡単な収納がおすすめです。
なるだけ細かく仕切りがついているものがいいです。

はさみはハサミ入れ。
ブラシはブラシ入れ。

なんとなくこの辺!とかじゃなく、そのものの住所にしっかりしまえるようにしましょう。

住所が決まっていても、なくなってしまうものはどうするんだ?
住所に紐をつけて、繋いでしまいましょう。

スポンサードリンク

動物を飼っているような感覚ですね。
バネのように伸び縮みをするヒモを通して置くといいですよ。

その場で使える感じがいいです。

携帯がどうしてもなくなってしまう人は?
携帯をかばんにくっつけます!

鍵がなくなってしまう人は?
鍵をかばんにくっつけます。

仲間たちをどんどんつなげてしまえばOKですよ。

透明の引き出しがいいの?

ADHDの人は、目に見えないとものが消えてしまう(と感じる)現象が起こりますよね?ね?
そこで、透明の引き出しのついた収納をおすすめされているようです。

でも、私の場合はこれではうまくいきませんでした。

なぜかというと、ごちゃごちゃしたのが目に入ってしまうと、頭が混乱するんです。

よかった方法は、細かく分かれている引き出しのあるものに、ラベルを貼ることです。

ひとめで、なにがどこにあるかわかりますから、すごくすっきりしますし、安心できます!

ADHDの片付けのコツはこれなの??

出したら戻すって片付けのゴールデン・ルールらしいけど・・
そんなのができたら苦労はしないですよね!!

いつの間にか、手から消えて行方不明になっているんですよね・・

私はこの出したら戻す!は今だにできない。
口を酸っぱくして言われていた子どもの頃から、大人になった今でも、全然できていない。

出しっぱなしが多いです。

ものの色を減らす。

ものが散らかっていても、散らかって見えないコツは、モノの色を統一することです。
私の場合、鍵などの小物をよくなくしていました。

だから、派手で大きなものにしたほうが見つかりやすいのか?と思っていました。
確かに、目印になってよかったは良かったんですが、そのうち全部の小物が派手になり、色が多くなりすぎて、ごちゃっとしてしまいます。

そこで、今はなにかを買うときには白か透明にしています。
白か透明なら、ものが出ていても散らかって見えないんですよね。
本当にこれはいいです!

出しっぱなしをやめようとか、ちゃんと気をつけてものを管理しよう!とか努力と根性系で頑張ろうとすると、なかなかうまくいきません。
出しっぱなしでも、大丈夫な方法をやったほうがいいです。

ADHDにもできる片付けのまとめ

ADHDの人の部屋は本当に散らかりやすいです。
でも、工夫を重ねることで、本人なりの攻略法を編み出すことができます。

私の場合、効果があったのはこちらです。

モノを減らす。
ものの住所を決め、住所に繋いでおくか、ラベルでものの名前をしっかり書いておく。
モノの色を減らす(白か透明)

少しでも参考になれば嬉しいです♪

スポンサードリンク

 - 生活 ,