熱中症の予防と対策を職場でしたい人!室内でもスポーツドリンク必要?

   

415107

夏ですね~!
熱中症対策してますか?

熱中症って本当にこわいからしっかりと予防をしたいですよね。
でも・・

職場は室内だし、あまり汗をかくこともないんだよな・・
塩分補給とか、水分補給とかってどのくらいすればいいものなのか、いまいちピンとこない。
スポーツドリンクを飲み過ぎるのもいけないって聞くし・・

そんなあなたのために、今回は、室内であまり運動量もない人の熱中症の予防と対策についてまとめました!

スポンサードリンク
  

熱中症の予防と対策を職場でしたいんだけど・・

連日テレビでは、熱中症対策の特集がありますよね。
よく言われているのが水分補給。
そして、塩分補給です。

職場が室内で、そんなに暑くない。
だからあんまり汗もかかないな。
暑すぎるってわけでもないしな・・

逆に職場の冷房が効きすぎてて寒い?そんな人のための対策はこちらにまとめました。
こんな職場の人、熱中症対策はどうすればいいでしょう?

塩分補給の目安は?

塩分補給は、たくさん汗をかきまくるような時に、すごく大切です。
目安としては、30分間以上汗がダラダラ吹き出すようなときです。

こういう場合は、体の中の塩分が少なくなってしまい、命のキケンがあるほど大変な状態になることも・・
水をガブガブ飲んでしまっては、ますます体内のミネラルバランスが崩れてしまいます。

すぐにしっかりと塩分と水分を補給する必要があります。

室内で汗もかかない時、塩分補給必要?

室内にずっといて、汗もそんなにかかないときには、塩分はそれほど気にする必要はありません。
むしろ、塩分のとりすぎになってしまいますから、普段通りでOKです。

水分補給は必要?

肝心なのが、水分。
実は熱中症が多いのは、カンカン照りの日ではなく、くもりの日とか!
くもりだったり、少し涼しかったりすると、ついつい水分を取るのを忘れてしまいがちになるんですよね。

私も、水を飲む!って心がけてはいるつもりでも、ついつい忘れがちになってしまってます。。

熱中症予防は室内ではこうしよう

室内で室温も暑すぎずあまり汗をかかない人は、水分補給の仕方に気をつけましょう。

水分補給の目安はあるの?

目標は、一時間に50ccから100ccの水を飲むことです。

50ccというと、コップに4分の1程度・・
そんなにたくさんには感じませんね。

スポンサードリンク

でも、一日に1.5リットルほどの水分を補給できます。
しっかりと飲んでおくと、脱水症状や熱中症の心配はなくなります。

おすすめの飲み物はある?

おすすめの飲み物は麦茶です♪
麦茶には、ミネラルが豊富に含まれていますので、体内のミネラルバランスを保つのに効果がありますよ。

飲み物の温度はどれくらいがベストなの?

ついつい冷たいものをたくさん飲んでしまうと、体が冷えてしまい熱中症以外にもいろんな体調不良が出てきます。
頭が痛くなったりとか、体がだるくなったりとか・・

飲み物の温度は、室温がベスト

でも、なかなか飲みづらい時もあります・・・
そんな時は、きもーち冷やしたくらいならOKです。

どうしても冷たいものしかない時は?

飲み物に氷をいれないで飲むといいです。
さらに一日に一回は温かいお茶などを飲むことで、おなかの冷えを防げますよ。

でも、反対にあつ~い夏に、あつーいお茶を飲み過ぎるとかえって体が冷えてしまうことがありますので、注意しましょうね♪

熱中症予防にスポーツドリンクを飲んだほうがいいの?

熱中症予防に、スポーツドリンクがいい!っていうのをよく聞きますよね。
スポーツドリンクは、塩分などのミネラルバランスがしっかり考えられています。

だから、その名の通り、スポーツなどでたくさん汗をかいた時や、脱水症状を起こしそうな時には有効です。

室内であまり汗をかかずに過ごしている人が熱中症予防のためにスポーツドリンクを飲むのは、おすすめできません。
かえって、糖分の摂り過ぎで体調を壊してしまいます。

ペットポトル症候群っていう症状があります。
スポーツドリンクなどの飲み過ぎで発症してしまう、急性糖尿病です。
喉がカラカラに感じてまたスポーツドリンクを飲んでしまうと悪循環・・

汗をかいた時に、たまに飲むくらいがいいですね。

あまり汗をかかない職場の人の熱中症予防には、やっぱりこまめな水分補給を一番おすすめします。

室内の職場の人の熱中症予防の対策まとめ

室内で、あまり汗もかかない人の職場では、熱中症対策も工夫が必要です。
熱中症予防にと、塩分を摂り過ぎたり、スポーツドリンクを飲み過ぎるのは良くありません。

あまり汗をかかない職場の人の熱中症予防には、やっぱりこまめな水分補給を一番おすすめします。

飲み物の温度も冷やし過ぎないように、気をつけましょうね。
しっかりと対策をして、元気な夏を過ごせますように~♪

スポンサードリンク

 - 健康 ,