蚊よけスプレーをアロマで手作りした!効果や作り方をまとめたよ♪

      2016/06/06

425333

夏ですね~!
蚊の季節ですね~!
蚊に刺されるとイヤですよね。
最近ではデング熱の報道とかもあり心配ですし・・・

私も子どもたちも、もともと肌が弱く、市販の蚊よけスプレーでかぶれてしまいます。
それに市販のものは成分が心配なものが多いんですよね・・

何かないかな~?と探していたら、インターネットで虫よけスプレーを手作りできるという情報をゲットしました!
いろいろ調べて、実際に手作りしてみましたので、今回は手作り蚊よけスプレーの根拠や作り方、効果や使い心地についてまとめてみました♪

スポンサードリンク
  

蚊よけスプレーはアロマで作れるらしい・・

毎年毎年、市販の蚊よけが使えないので、私も子どもたちもすごく蚊に刺されていました・・
かゆいの、くやしいのって、ありません!!

そこで、今年こそは対策をしないと・・
と、気合を入れて検索!

すると・・
とある研究の情報が!

38種類のアロマオイルをいろんな濃度で腕につけて、実際に蚊に刺されない効果のあるものを調べたところ・・・
 薄めていないアロマオイルの中で、効果のあるものがあった。
 それは・・シトロネラ、パチュリー、クローブ、ウェーンの4種類。
 2時間ほど蚊よけの効果が持続した。中でも、高濃度のクローブは、4時間も効果が持続した

え~~!腕を実験台に・・
痒そうだな・・w

・・でも、2時間・・すごい!
クローブは4時間も?
3時間ごとに付け直せば、蚊の対策はバッチリではないでしょうか??

これは、是非作ってみたい!と、さっそくクローブを使って蚊よけスプレーを自分で手作りしてみることにしました♪

蚊よけスプレーを手作りしてみた方法は?

クローブのオイルがいいらしく、しかもどうやら高濃度のものほど効果があるようです。

クローブの実を、漬け込んだまま使うレシピと、こしとって使うレシピがありました。
今回は、クローブをこしとって使う方のレシピで作ってみました。

材料は・・

クローブ 100g
無水アルコール 200ml
お好みのオイル 40ml

クローブはインターネットで注文しました。
無水アルコールは、高価なので消毒用アルコールでも代用可能です。
私は、うちにすでにあった78%のアルコールを使用しました。

オイルは、ベビーオイルなど自分の肌にあうオイルならなんでもOKですよ♪
ホホバオイルなどが人気ですね。
私は、母に化粧用のオリーブオイルをもらいました。

最初から全部の量を作るのは怖かったので、手始めにうちにあったジャムの空き瓶の小瓶に入る程度で作ってみました。
もし、効果バツグンなら、大量に作って子どもや家族にじゃんじゃん使わせるつもりで・・

作り方は?

まず、ビンの3分の1くらいまでクローブをパラパラと入れます。

クローブってこんなニオイなんですね~
今までクローブと聞いてもそんなにピンと来なかったけど、確かに香水に配合されていたりする香り。
甘くてスパイシー。
ちょっとバニラに似ているけど、すこ~しカレーにも似ている。
そんな感じ。(説明うまくなくてすみませんw)

この香りを蚊がとても嫌うんですね??

私は、キライなニオイではないです。
むしろ、好きな香りでした。

クローブをビンに入れたら、次は、消毒用アルコールをビンの3分の2くらいまで入れます。

なんか、すごい事をしているような気分になります・・
手作りとか苦手だから、テンションあがりました!

そのまま4日間くらい放置。

だんだんとクローブの成分がとけだして、すごーく液体の色が濃くなってきます。

フタをして、1日一回は振りましょう。
私は、嬉しすぎて目につくたびにフリフリしていましたよ♪

フタをしていても、ほんのり美味しそうな香りがしてきます。

4日過ぎたら、今度はクローブを取り出します。

こすためのちいさなザルなどをつかうと簡単です。

これに、オイルの好みの量いれたら完成です。

わたしは、出来上がりの全体量の5分の1ほどいれました。

おこのみのボトルに詰めて、使いましょう♪

ちいさなロウトがあると、こぼれないのでとってもベンリでした。

スポンサードリンク

スプレーボトルの種類は何がおすすめ?

そうそう、ボトルですがポリプロピレン製(PP)やガラス製、ポリ塩化ビニール製(PVC)のものをおすすめします。
ポリエチレン製(PE)やポリスチレン製(PP)のものは、耐アルコール性がないので、成分がとけだして変形することがあります。
園芸店やホームセンターなどに売られています。

スプレー容器を用意するときには、しっかりと表記を確認してみてくださいね。

ちゃいろ~~いものができました!!

蚊よけアロマの実際に使ってみた効果は???

すごく濃い茶色の、いかにも効きそう!な蚊よけスプレーができて、テンション上がったので、さっそく使ってみました。

使い心地は?

腕にシュッ♪

あら!サラ~~~としている!
オイルが入っているのですが、すーっとなじんで使い心地はよいです。

べたつくこともありません。

でも、この液体はすごく茶色いので若干茶色の色が残ります。
私は地黒でもともと黒いからそんなに目立ちません。
でも、お肌が白い方とか、けっこう目立ってしまうかも・・

色の薄いお洋服を着ている時とかも、注意したほうがよさそう。

香りは?

香りは、けっこう強いです。
さっき、ホールのクローブの香りをバニラの甘さと、カレーのスパイシーがミックスされたような香りって言いました。
でも、スプレーしてみたら、スパイシーをすごく強く感じました。

これは効くやろ~という感じのニオイです。
私はこのニオイは嫌いじゃないです。
でも、結構香りが強いのであまり体に香りを付けたくない時とか、室内で他の人たちと長時間過ごすような時には向かないかもしれません。

その分蚊よけ効果が高いんでしょうけど。

どのくらいの頻度で付け直している?

朝、シャワーを浴びたあとに手足につけて、肌が出ている部分に伸ばします。
そして、外に行くときとか、お昼の休憩中に付け直しています。

一日に、3回から4回くらい付け直してます。

実験では、4時間の効果となっていましたが、蚊に刺されないためには、2時間おきくらいに付け直したらいいですね♪

実際に、蚊はこない?

これをつけている日は、蚊にまったく刺されなくなりました。
ある日、つけ忘れてて(というかスプレーを置き忘れてしまった)案の定手と足を刺されてしまいました・・

くやしい・・
でも、確かに効果があります。

子どもの反応は?

自分で効果を実感したので、子どもたちにもためしてみることにしました。

クローブのアロマオイルは、2歳以下の子どもは避けた方がいいものとなっています。
今回はホールから抽出させたものですが、やはり使用しないほうがいいです。
もし、今回のレシピに挑戦するときは、3歳以上のお子様から試してみてくださいね♪
注意してくださいね。

子どもは、ニオイに反応しました・・
このニオイなに~~?
う・・・

って。
最初からニオイがするって言っとけば違ったかもしれませんが、朝バタバタしながら急につけたもので・・
(ごめん・・w)

子どもさんによっては、この香りが好みでないでしょうね。
うちの子は、ギリギリつけてくれてます。

子どもに効果はある?

子どもたちは朝につけて行って、一日付け直しはしていません。
でも、いまのことろ、一回も蚊に刺されずに帰ってきています!

たまたまかもしれませんが、嬉しいです♪

手作りの蚊よけスプレーまとめ

今回は、クローブを使った蚊よけスプレーを作ってみました。
私は効果を感じたので、次からは大量に作って家族で使おうと思います。

次は、効果があるといわれているハッカ油もブレンドしてみようかな~とか考えています。
クローブとハッカ油って両方個性的なのでブレンドしてどんなニオイになるのか、若干ドキドキですがw

もしよかったら、あなたも試してみてくださいね♪

今年の夏は、蚊の心配をせず楽しく遊べますように~(^^)

スポンサードリンク

 - 健康 ,