台風の窓対策!ガラスの補強にはガムテープがいいの?

   

077200

台風の季節がやってきました。
毎年、ハラハラするんですよね・・
台風で木がなぎ倒されたり、車が浸水したり、ニュースでもよく取り上げられます。

台風での被害を最小限に押さえるためには、対策が必要です。
私もなにを隠そう九州の南部、台風がちょくちょくヒットする地域に住んでいますから、毎年気合をいれて備えをしています!

台風の備えで大切なのがやっぱり窓!
窓から吹き込む雨水で窓辺がびしょびしょになったり、窓ガラスが割れてしまっては大変です。

自分でカンタンに出来る窓の被害を台風から守るための対策ってなに?

そんなあなたのために、今回は、自分でカンタンに出来る窓の補強などの対策についてまとめました。
是非、参考にしてみてくださいね♪

スポンサードリンク

台風の窓対策に何をすればいいの?

台風といえば、ひどい雨と風です。
普段の何倍もの強風が窓に吹き付けてくるのですが・・

窓が割れてしまったり、雨水が部屋の中にまで入ってきて、水浸しになった経験のある人も多いのでは?

まず、窓が割れると怖いですよね。
ガラスが飛び散ってしまって、暴雨風に部屋がさらされてしまったらと、考えるだけで恐ろしい・・・

窓が割れてしまう原因は、風が強いからなの?

窓が割れてしまう理由は、風が強いからではないんです。
実は、何かものが飛んできて当って割れてしまう事が大半なんです!

家の外に、飛んでしまいそうなものはありませんか?

ベランダなら、植木鉢やプランター、スリッパやゴミ箱などですね。

これを、家の中に一時避難させましょう。
ビニールシートなどを床にしいてから、並べると部屋の中が汚れないのでいいですよ。
遠足やピクニック用のシートでもOKです。

どうしても、全部を家の中に入れるのが難しい時には、風の当たらない所に移動させたり、高い所から降ろしておきましょう。
軽くて飛んでしまいそうなもので、室内に入らない場合は、重石をしておくのもおすすめです。

忘れがちなのが、物干しざお。
竿はけっこう重たいので、飛んで行ったら大変です。
自分の家の窓や近所の人の家の窓に当ててしまったり、人にあたったりしないように、おろしておきます。
室内に入れておくのが一番安全ですが、もし難しい場合は、下におろして、とんでいかないように、しっかりとガムテープで止めたり、紐で結んでおきましょうね。

家の周りをぐるっとひと回りして、飛んでいきそうなものがないか確かめましょうね。

こうすることで、モノが窓に当たりづらくなりますので、窓が割れるのを予防することが出来ます。

台風の時にガラスを補強するには?

台風の時にガラスを補強する方法は色々あります。
ベニヤ板を外から打ち付けたり、ダンボールで内側から貼り付けたり・・

ベニヤ板を貼る方法は、けっこう大掛かりな工事になってしまうので、なかなか大変ですよね。
ダンボールも急には手に入りません。

台風の時に、ガラス窓を補強するためには、テープを使うのがオススメです。

テープで補強することで、雨水が部屋の中に吹き込んでくることを予防できます。また、窓に万が一何かが当たってしまって割れた時に、破片が飛び散るのを防げます。

スポンサードリンク

台風でガラスにガムテープ貼るのはおすすめ?

窓の補強のために使うテープにガムテープはおすすめしません
それは、台風が過ぎた後に、なかなか剥がしづらいからです!

例えば、台風がいくつか来て、シーズンが終わるまでに、1~2ヶ月かかることがありますよね?
その間に、どんどん剥がしづらくなります・・

一番はがしずらいのは、紙製のガムテープです。
この粘着成分が、けっこうネチネチして、本当にとりずらい・・

おすすめなのは、ビニールテープ
ホームセンターなどで、お安く売ってありますよね。

ビニールテープは、雨にも強く、少し伸びてとても貼りやすいです。
それに、なによりはがしやすいです。

テープの貼り方を詳しく教えて!

ビニールテープの貼り方ですが、2つのやり方を同時にします。

1つは、雨水が降り込んでこないようにするための目張り
もう1つは、窓が割れてしまった時に、破片が飛び散らないようにするための補強です。

目張りの仕方。

ビニールテープで、窓枠を目張りします。
中でも、上と下の枠を中心に貼っていきます。

風で窓が上に持ち上げられて、下のスキマからどんどん雨が入ってくるためです。

まず、上の窓枠と窓を目張りします。
ビニールテープを引き出して、最初の部分を貼りたい場所に合わせ、ゆっくりとのせます。
これを繰り返します。
最初は軽くのせる程度にして、あとから、しっかり押さえてはりましょう。
この時、あまりに少しずつ引き出して貼っていくと、なかなかまっすぐに貼れなかったりします。
思い切って30cmくらいずつ引き出してはるといいですよ。
また、ビニールテープはよく伸びますが、あまりぐ~っと引っ張ってはると、あとからめくれてきます。
少し引っ張って貼るくらいがベストです。
上が終わったら、下を貼ります。

できればすべての窓にしたほうがいいですが、無理な場合は窓辺にタオルをおいたりして対策をしましょう。

窓の補強の仕方。

窓の強度をあげるために、窓自体に貼っていきます。
まず、十文字に貼ります。
それから、ばってんに貼ります。
窓の中央に一番雨や風の負荷がかかりやすく、一番弱い部分だからです。

すべての窓にこのようにしていきましょう。

万が一の事を考えて、窓のカーテンは、分厚い方までしっかりと閉めておきましょうね。なるべく窓から離れて生活してください。

台風の季節が終わったら、すぐにテープを取り外して置いてください。
時間が立つほど、粘着分が取れづらくなります。

台風の時の窓の対策まとめ

台風の時に、窓が割れる理由は何かが飛んできて当たるからです。
家の中に入れたり、高いとことにあるものは下におろしたりしましょう。
重石を置くのもいいですね。
ベランダのものは、室内に入れたり、玄関の外もチェックしてください。
窓の補強におすすめなのはビニールテープです。
ガムテープは、あとが残りやすいのでおすすめしません。
窓枠の上下と、窓の真ん中を重点的に貼って見てください。

台風の窓対策をしっかりとして、被害がなく安心して過ごせるようにお祈りします。

スポンサードリンク

 - 生活 ,