ゴキブリの侵入はどこから?ルートを防ぐ方法を知ろう!

      2016/08/06

368606

部屋の中に、ゴキブリがいた・・
このショックは計り知れません。

本当にびっくりしますよね。

でも、ゴキブリはどこから入ったんでしょう?
網戸もちゃんと閉めているし、ドアを開けっ放しにもしていない・・

ゴキブリが侵入しやすい知られざるルートと、忍び込んでくるのを防ぐ対策をしっかりと勉強して、ゴキブリが入ってくるのを防ぎましょう!

スポンサードリンク
  

ゴキブリの侵入はどこから?

ゴキブリって、ほんのわずかなスキマからでも家の中に入ってきます。
1センチでもスキマが開いていたらそこから入ってこれます。
大きなゴキブリでも、2~3ミリのスキマでも、幅があれば、簡単に侵入してきます。

嫌ですね!!ゴキブリがニガテな人にとっては、考えるだけでもおぞましいと思っちゃいます。

そんなゴキブリですが、網戸の網のスキマの大きさは、1ミリから2ミリの平方形ですからをくぐり抜けてくるのは難しいでしょうが、小さなドアやサッシのスキマを通って入ってくるのもありえなくありません。

実はよくあるゴキブリの侵入経路には、エアコンと換気扇

エアコンからゴキブリが侵入してくる?!

エアコン内部から部屋の外へつながっている水を排出させるためのホースがあります。
ドレインホースと言いますが、このホースは湿っていて暗くて、ゴキブリにとってはとても好ましい環境です。
外からホースの入り口をたどって、ゴキブリが室内に侵入してくるのはとても簡単です。

換気扇からゴキブリが侵入してくる?!

もうひとつのよくある侵入経路は、トイレや台所、お風呂などの換気扇です。
換気扇には当然ながら穴が開いていて、ゴキブリが簡単に出入りできるようになっています。

トイレに急に出現するゴキブリ。あれってどこから来たのかすごく疑問に思うんですが、実は通気口から換気扇をたどってやってきたのでした・・・

ゴキブリの侵入ルートはこうして断つ!

ゴキブリが中に入ってこないようにするためには、侵入ルートを絶ってしまいましょう。

エアコンからゴキブリが侵入してこないようにするには?

ゴキブリが室内に侵入する経路となるエアコンから出ているドレンホース。
このドレンホースの先に、台所の排水口ネットをかぶせておきます。
ネットは、100均にも売ってありますね。
輪ゴムで止めてもいいし、ワイヤーなどでくくってもいいです。
あまりに目の細かいものだと、ほこりが溜まりやすくなるので、すこし荒目のものがおすすめです。

もう少し穴は大きくなりますが、市販の防虫キャップを取り付ける方法があります。防虫キャップは、ホームセンターなどでも数百円で売ってあります。

ただ、今度は逆に、キャップをつたって、室内にいたゴキブリなどの虫が外に出ようとした時に、ここに詰まってしまって故障の原因になることがないともいいきれません。キャップを付ける場合は、ゴミや虫などが詰まっていないか、目で見て時々確認するようにしてください。

スポンサードリンク

もうひとつ効果的な対策は、ドレンホースを地面や壁に這わせないように、周りに当たらないようにして20cmほど浮かせておくことです。

こうすると、100%ではないですが、虫が外の穴から入って来づらくなります。

ゴキブリの侵入を防ぐために換気扇や通気口をふさぐ!

換気のために家の周りには通気口が設置してありますが、こちらのスキマからゴキブリが家の中に侵入してこないように、フィルターを貼っておきましょう。
ペタッと貼ってしまえば安心です。

専用のものもありますが、市販の換気扇ようのフィルターをハサミでカットして使ってもいいでしょう。
この時、フィルターと通気口の面の間スキマができたり浮いたりしないように、しっかりと貼ってくださいね。

トイレ、台所、お風呂の換気扇にも、是非フィルターをつけましょう。
このようにして外と内から通り道をフィルターで覆ってしまえば、ゴキブリが通過することはできませんね。

その他のスキマ

エアコンや換気扇のほかにも、家の中を見て回ってください。
ゴキブリが通れるかも?と言うようなスキマを見つけた場合には、隙間テープでくまなく塞いでおきましょう。

ゴキブリの侵入経路と対策まとめ

ゴキブリは、幅さえあれば、2~3ミリのスキマでも簡単に侵入してしまいます。
中でもエアコンのドレンホース、通気口、換気扇の周りは直接室内から室外まで通過できる穴が開いていますので、注意が必要です。
フィルターや防虫キャップ、排水口ネット、隙間テープなどを使って、しっかりとゴキブリの通路を遮断してしまいましょう。

万全なゴキブリ対策をして、安心して過ごせるようになりますように~!

スポンサードリンク

 - 生活 ,