秋祭りは浴衣を着てもいい?足袋とおすすめの柄もご紹介。

秋のお祭りや花火大会って浴衣で行っても大丈夫なのかな?
迷いますよね・・
やっぱり浴衣って言ったら、夏!のイメージが強いですよね。

浴衣を着てもOKって言う人もいるし、やっぱりそれはマナー的にちょっとっていう人もいます。

9月のイベントに浴衣を着て行きたいんだよな・・

それってマナー的に大丈夫なのかとか、
変に浮いてたりしないのかとか、気になりませんか?

秋の浴衣についてまとめましたので、確認してみましょう!

スポンサードリンク
  

秋祭りには浴衣を着てもOK?

秋のイベントに浴衣を着て行ってもだいじょうぶです!

昔なら浴衣は、お風呂上がりに着る夜のパジャマ的存在でした。
だから、浴衣自体は一年中着るものなんだけど、夏の暑い時だけは夕涼みの感覚で外で着てもOK!っていう風に言われていたようです。
が、浴衣を着るのは厳密にこの日まで!なんていう決まりはありませんでした。

いまでは、その暗黙のルール的なものは、ちょっと変わってきています。
だって、浴衣って毎晩着る人って少ないですよね?
いまや浴衣は普段着ではなく、花火大会やお祭りの時にイベント用のファッションとして楽しむものです。

今では昔よりもファッションも多様化してきていて、いろんな柄のものがあります。
年配の方で秋に浴衣はちょっとね~って感じる人もいるようですが、しっかりとTPOに合わせた着こなしをすれば、秋にも浴衣でイベントを楽しむことが出来ますよ!

着こなしのコツは、秋の雰囲気を取り入れることです。

いくら日中気温が高く、まだまだ暑いとは言っても、夏と秋では季節の雰囲気が違います。
空気の質感や、虫の声、日のかげり方、木々の色合いなど、だんだんと秋らしくなっていますよね。秋の雰囲気を浴衣や小物に取り入れましょう。

季節の空気感にすっと馴染む装いをするのが、和装のおしゃれの醍醐味ですもの♪

秋にあまりにも夏夏しいものを着ると、洋服でも浮いてしまいますよね。
特に浴衣は夏っぽいものが多いです。
夏らしく軽いイメージのものではなく、しっとりと秋らしい着こなしをしてみましょう!

秋らしく浴衣を着るには、着物っぽく着るのがコツです!

秋は浴衣に足袋を合わせる?

真夏に素足で下駄を履く。涼しげでとてもステキです。
でも、秋になると素足はすこし装いが軽すぎます。

秋に浴衣を着る時には足袋を履きましょう
足袋はレースのものをチョイスするといいです。
ストレッチだとなお履きやすいです。

下駄では滑りやすかったり音が大きくなりやすかったりするので、草履をはくのもおすすめです。

浴衣の秋の柄はこれがおすすめ!

浴衣の柄は、秋らしいものがいいですね。

スポンサードリンク

とんぼや秋草模様が秋らしくてステキですね。
金魚やひまわりなど、いかにも夏!というような柄は避けましょう

色合いは、紺がオススメ
夏にはよく合う明るい色や、白、涼しげな色は秋に着ると浮たり、寂しげに見えます。

着物っぽく着るコツは?

浴衣の下に長襦袢を着ると秋らしくしっとりとしたまるで着物のような着方ができます。

長襦袢だと暑くてたいへん!という時には、肌着に半襟のついたものもあります。
襟元からちらっとのぞく半襟がついていますので、長襦袢を重ねて着る必要がありません。

もし、とても暑い!という時には、下着の上に美容襟だけをつけてもOKです。

秋の浴衣の着こなしまとめ

秋のお祭りや花火大会で浴衣を着てもだいじょうぶです!
着る時には、襟をつけて足袋を履き、浴衣の色や柄を工夫して、秋らしくステキに着こなしてみてくださいね。着物っぽく着るのがコツですよ。

秋の夜に美しく浴衣を着て、イベントを楽しんでくださいね♪

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク