関門海峡花火大会 下関側の交通規制と駐車場は?

      2016/08/09

7d145686a442b1cca10d523ba1f7c6ce_s

いよいよ関門海峡花火大会ですね~!下関から観覧する人!

『交通規制ってどこらへん?時間は?』
『駐車場ってある?』

こちらで確認しましょう!
関門海峡花火大会の下関側の交通規制と駐車場についてまとめました。

スポンサードリンク

関門海峡花火大会 下関側について

この関門海峡花火大会を毎年楽しみにしている人も多いはず!
この花火大会、関門海峡を挟んだ両岸から花火が打ち上がります。
なんとも、豪華!!

関門海峡花火大会2013年のハイライトの様子です。
すごくキレイですね!あちらの岸辺の花火もバックに上がってます!

関門海峡花火大会の会場は、ずばり関門海峡!
下関側の会場はここらへん。

2016年は、8月13日の土曜日にあります。
午後7時から開会式が始まって、7時50分から8時40分まで花火です!!

関門海峡花火大会 下関側の交通規制はどこらへん?

花火大会の当日の下関側の交通規制はこちらです。

shimonoseki

会場につながる道路は通行止めとなります。

交通規制の時間は?

交通規制の時間はまつりの当日8月13日の土曜日、午後4時から始まって、夜中の10時半ころまで続きますよ。

スポンサードリンク

関門海峡花火大会の駐車場はある?

関門海峡花火大会には残念ながら、無料で用意された駐車場はありません
周辺は交通規制がかかり、車の乗り入れができなくなります。

交通規制の周辺は、花火大会当日のお昼を過ぎた頃からだんだんと混み始めます。

どこに駐車するのがおすすめ?

JR長府駅前にある、下関競艇場の駐車場に停めましょう。

長府以遠や勝山方面から来た方は、そのままJRかバスに乗って、スムーズに花火大会の会場に向かうことが出来ますよ。

こちらの下関競艇場の駐車場が利用できる時間帯は、当日の午後5時から、夜の12時までです。
花火大会が終わった後にも、会場周辺の交通渋滞はすさまじいものがあります。
市内中心部の交通が麻痺してしまうので、競艇場の駐車場に自分の車は停めて公共交通機関を利用するのが一番ですね。

関門海峡花火大会 下関側の交通規制と駐車場まとめ

下関側の交通規制は、花火大会会場周辺一帯となります。
また、無料の専用駐車場などはありませんので、下関競艇場に自家用車は駐車して、JRやバスなどで会場まで移動されることをおすすめします。
スムーズに会場への行き来ができます!

美しくも豪快な花火を堪能して、楽しい夏の思い出ができますように!

スポンサードリンク

 - 花火大会 ,